TAMAISM

旅の記録とか、舞台訪問とか。

鄙びた宿

【蔦温泉旅館】南八甲田・ブナの原生林に囲まれた温泉旅館に泊まる Part 2/2 (@青森県十和田市)

Part 1:投宿~外観~客室 Part 2:温泉~夕食~翌日 温泉へ向かう 部屋に案内していただいた後は、早速ですが温泉に向かいました。 洗面所 本館1階の温泉へ続く廊下 チェックインしたのは比較的早い時間だったこともあり、まだ館内を歩いている宿泊客は少な…

【蔦温泉旅館】南八甲田・ブナの原生林に囲まれた温泉旅館に泊まる Part 1/2 (@青森県十和田市)

Part 1:投宿~外観~客室 Part 2:温泉~夕食~翌日 森の中の温泉 今回は青森県の十和田湖から奥入瀬渓流をロードバイクで走る機会があり、その際の宿に決めたのが蔦温泉旅館でした。 蔦温泉旅館【公式】|青森県 十和田|宿泊 日帰り温泉 蔦温泉旅館 外観 …

【竜宮閣】戦前の佇まいを今に伝える、熱海のレトロな温泉旅館に泊まってきた Part 2/2 (@静岡県熱海市)

Part 1:外観~1階~泊まる部屋 Part 2:その他の部屋~温泉~翌朝 館内の散策 まずは自分が今いる部屋を離れ、隣の部屋を見てみます。 部屋を拝見することはご主人に許可をいただいたものの、竜宮閣はその日当日に突発的に宿泊する人が少なくありません。熱…

【竜宮閣】戦前の佇まいを今に伝える、熱海のレトロな温泉旅館に泊まってきた Part 1/2 (@静岡県熱海市)

Part 1:外観~1階~泊まる部屋 Part 2:その他の部屋~温泉~翌朝 熱海駅前徒歩3分 今回は、静岡県の東端・熱海に行ってきました。 熱海は静岡県における一大温泉地であり、神奈川県に接していて関東からのアクセスも良好なことから多くの人出がある観光地…

【旅館ふじのや】黒姫の駅前旅館に泊まる (@長野県信濃町)

駅前旅館 今年も昨年に引き続いて梅雨が長くなりそうで、相変わらず週末の予定を立てづらい日々が続いてます。屋外での活動が億劫になりそうなときは屋内にシフトしていくということで、しばらくは鄙びた宿に投宿する週末が続くと思います。早いところ梅雨が…

【ほりえや旅館】福島の奥座敷、飯坂温泉の木造旅館に泊まる Part 3/3 (@福島県福島市)

Part 1:投宿~外観~泊まった部屋 Part 2:その他の部屋~温泉 Part 3:夕食~朝食 夕食 温泉旅館で一泊する上で楽しみなのは、やはり温泉と食事だ。 温泉はその泉質や浴室・湯船の造りなども含めて、旅館によって一つとして同じものはない。それは食事につ…

【ほりえや旅館】福島の奥座敷、飯坂温泉の木造旅館に泊まる Part 2/3 (@福島県福島市)

Part 1:投宿~外観~泊まった部屋 Part 2:その他の部屋~温泉 Part 3:夕食~朝食 他の客室の見学と館内散策 ここまでの時系列としては、飯坂温泉街を歩いてほりえや旅館に投宿し、1階からそのまま3階まで上がって自分の部屋に到着した段階です。山形空港…

【ほりえや旅館】福島の奥座敷、飯坂温泉の木造旅館に泊まる Part 1/3 (@福島県福島市)

Part 1:投宿~外観~泊まった部屋 Part 2:その他の部屋~温泉 Part 3:夕食~朝食 歴史ある温泉街 今回は、先週に引き続いてFDAを利用した東北旅です。 FDAでは相変わらずの減便が続いており、特に東北地方に向かうには一日一便程度しかない状態。一泊二日…

【大沢温泉 湯治屋】宮沢賢治ゆかりの湯治宿に泊まってきた Part 2/2 (@岩手県花巻市)

Part 1:外観~館内散策 Part 2:館内散策~夕食~朝食 菊水舘へ 温泉からの夕食 翌朝 菊水舘へ 一通り館内の散策を済ませたところで、自室へと戻ってお茶を飲みつつ休憩してました。 ここからはもう特に予定もなく、通常であれば温泉に入って夕食の時間を待…

【大沢温泉 湯治屋】宮沢賢治ゆかりの湯治宿に泊まってきた Part 1/2 (@岩手県花巻市)

Part 1:外観~館内散策 Part 2:館内散策~夕食~朝食 湯治宿に泊まる 部屋へ 必要な分だけ借りる 食事は自炊か「やはぎ」で 客室には鍵がないよ 木造旅館の良さが溢れる館内 湯治宿に泊まる 東北地方といえば、ある場所に長期滞在して温泉療養を行う「湯治…

【一楽旅館】仄かな色気が漂う元遊郭旅館に泊まってきた Part 2/2 (@広島県広島市)

Part 1:外観~1階~泊まった部屋 Part 2:各客室の散策~翌朝 客室を巡る 中の間 大広間 桐の間 萩の間 桃の間 松の間 桜の間 バラの間 翌朝 客室を巡る 自分が泊まることになる林の間で一休みしたところで、他の客室を順に回ってみることにしました。 普段…

【一楽旅館】仄かな色気が漂う元遊郭旅館に泊まってきた Part 1/2 (@広島県広島市)

Part 1:外観~1階~泊まった部屋 Part 2:各客室の散策~翌朝 歓楽街の一角 今回は、広島市の元遊郭旅館に泊まってきた記録です。 元遊郭旅館といえば、かつては遊郭だった施設が旅館として営業している宿のこと。そういう場所は大抵の場合、何気ない町中に…

【天野屋旅館】笠岡諸島・北木島の木造3階建て旅館に泊まる Part 2/2 (@岡山県笠岡市)

Part 1:投宿~1階及び2階の散策 Part 2:3階の散策~夕食~朝食 3階の大広間へ 投宿してから1階と2階の散策を終え、せっかくなので夕食前に3階の散策もまとめて行うことにしました。 いつものパターンだったら旅館周辺もちらほら歩き回ってみるところですが…

【天野屋旅館】笠岡諸島・北木島の木造3階建て旅館に泊まる Part 1/2 (@岡山県笠岡市)

Part 1:投宿~1階及び2階の散策 Part 2:3階の散策~夕食~朝食 離島の宿に泊まるということ 今回の記事では、先日行った瀬戸内旅の中で最初に泊まった宿をご紹介します。 その宿の特徴の一つは木造3階建てで、現代ではめっきり数が少なくなった木造旅館の…

【天野館】明治時代創業・歴史ある木次の旅館に泊まる (@島根県雲南市)

奥出雲散策の前日 今回は島根県の山間部、特に奥出雲を周辺とした田園地帯をロードバイクで走る旅をしたのですが、その際の宿として雲南市にある天野館に宿泊しました。 雲南市の木次町は斐伊川に沿って形成された町並みで、今でも県道45号を一本入った通り…

【新むつ旅館】小中野新地の遊郭「新陸奥楼」に泊まる Part 2/2 (@青森県八戸市)

Part 1:散策 Part 2:散策続き~夕食~朝食 散策は続く あれから2階へ移動し、今回泊まることになる六番・七番座敷の素晴らしさを目の当たりにした自分としては、残りの座敷も見ておきたいというのが普通の思考だ。 一般的な宿泊ならば他の宿泊客がいるため…

【新むつ旅館】小中野新地の遊郭「新陸奥楼」に泊まる Part 1/2 (@青森県八戸市)

Part 1:散策 Part 2:散策続き~夕食~朝食 元遊郭旅館といえばここ 自分が元遊郭旅館を巡りはじめてまだそれほど日は経っていませんが、その中でも当初からずっと泊まりたいと計画していた宿があります。元遊郭旅館として抜群の知名度を誇るだけでなく、今…

【中村旅館】黒石の元遊郭旅館で、花魁が過ごした客室に泊まってきた (@青森県黒石市)

遊郭だった宿 元遊郭旅館という存在をご存知でしょうか。 元遊郭旅館は「元々は遊郭として営業していたが、ある時点から旅館として営業を始めた」という建物のことを指します。かつては全国各地にそういう宿があったものの、経営されている方の高年齢化等の…

【温湯温泉 後藤温泉客舎】津軽・江戸末期から続く古の湯治宿に泊まってきた (@青森県黒石市)

温湯温泉 温泉を楽しむ手段の一つとして、湯治というものがあります。 一日や二日といった短期間ではなく、数週間から一ヶ月程度の長い期間に温泉地に逗留し、温泉の効能を期待して病気の療養を行う行為、というのが湯治の本質です。ですが医療の発達や近代…

【日奈久温泉 金波楼】熊本県最古の温泉地に泊まってきた Part 2/2 (@熊本県八代市)

Part 1:館内散策~泊まった部屋 Part 2:散策続き~お風呂~夕食~翌朝 中庭へ 自分が泊まる部屋周りの散策は一通り済んだため、温泉に行くついでに中庭の散策をすることにしました。 ここで今更なんですが、自分は旅館に泊まる際は一刻も早く浴衣に着替え…

【日奈久温泉 金波楼】熊本県最古の温泉地に泊まってきた Part 1/2 (@熊本県八代市)

Part 1:館内散策~泊まった部屋 Part 2:散策続き~お風呂~夕食~翌朝 日奈久温泉へ 今回は、昨日滞在していた鹿児島県の薩摩川内市から北上し、熊本県の八代市にやってきました。 というのも、昨年の熊本ライドの際に一瞬だけ立ち寄った日奈久温泉にて気…

【市比野温泉 割烹旅館 みどり屋】大正時代創業、与謝野鉄幹・晶子夫妻が愛した旅館に泊まる Part 2/2 (@鹿児島県薩摩川内市)

Part 1:館内散策 Part 2:泊まった部屋~お風呂~夕食~翌朝 与謝野夫妻が泊まった客室 一通り館内を散策したところで、今日泊まる部屋に戻って一休みすることにしました。 みどり屋の客室は「竹3-2」や「桧3-5」という風に部屋番号が振られており、今回泊…

【市比野温泉 割烹旅館 みどり屋】大正時代創業、与謝野鉄幹・晶子夫妻が愛した旅館に泊まる Part 1/2 (@鹿児島県薩摩川内市)

Part 1:館内散策 Part 2:泊まった部屋~お風呂~夕食~翌朝 川沿いの静かな旅館 鹿児島県の薩摩川内市に位置する市比野温泉は、市街地から遠く離れた田園地帯にある鄙びた温泉街です。 名前にこそ温泉という名称が入っていますが、"温泉街"という存在が際…

【栃尾又温泉 自在館】新潟の秘湯で、万病に効くぬる湯を味わう Part 2/2 (@新潟県魚沼市)

Part 1:館内散策編 Part 2:温泉~食事編 ぬる湯に浸かる 一通り館内を散策し終わったため、ひとまず夕食の時間まで霊泉「おくの湯」に入りに行くことにします。 この日の貸切湯を予約していない場合、男性だとここしか入ることができないので必然的に人が…

【栃尾又温泉 自在館】新潟の秘湯で、万病に効くぬる湯を味わう Part 1/2 (@新潟県魚沼市)

Part 1:館内散策編 Part 2:温泉~食事編 ちょっと新潟へ 自分が「旅」と称して全国津々浦々を訪れていく過程では、特に計画性があるというわけではない。出発当日に行き先を決めるなんていうのはザラだし、多少計画的に決めたとしてもその週の半ばがせいぜ…

【西山温泉 元湯 蓬莱館】明治2年創業・南アルプス山峡の秘湯に泊まってきた (@山梨県南巨摩郡早川町)

遠い遠い西山温泉 以前山梨を訪れた帰りにふと気になった温泉宿があったので、今回泊まってきました。 山梨県の西山温泉は身延町のすぐ隣りにある早川町に位置しており、馴染みのあるところでいうと「ゆるキャン△」で登場した奈良田温泉への道すがらにありま…

【今井屋旅館】万場集落・創業350年の旅館に泊まってきた (@群馬県多野郡神流町)

山間部の集落に佇む宿 群馬県の南西部に位置する神流町。 大部分を山が占める神流町の中で、比較的平地が多い万場集落(神流川のほとりにある)にただ一軒残る宿が今回の舞台となります。 宿の名前は今井屋旅館といって、HPには創業350年と記載されているほ…

【旅館 玉田屋】塩の道・足助の旅籠に泊まってきた (@愛知県豊田市)

塩の道の中継地点 「塩の道」という言葉がある。 これは塩や海産物を内陸に運ぶのに使われた道のことで、逆に内陸方面からは山の幸が運ばれた道でもあります。塩が海辺からでしか入手できなかった時代には、これらの街道は内陸で生きる人たちにとって非常に…

【三階旅館】有福温泉・木造三階建ての旅館に泊まってきた (@島根県江津市)

お殿様の隠居用? 島根県江津市の山間部に位置する有福温泉はそのひっそりとした佇まいから、賑やかで派手なところがちょっと苦手な自分にとっては居心地のいい場所。同じ島根県内では、昨年訪れた温泉津温泉と並んで好きになった温泉街です。 というか、島…

【たえだ旅館】和牛のルーツとなった地の宿で千屋牛をいただく (@岡山県新見市)

千屋牛 今回の舞台は岡山県です。 実はかねてから岡山県周辺をロードバイクで走りたいなという思いがずっと心にあって、そのライド行程の兼ね合いで宿は新見にとりました。 新見から米子へ向かう国道180号の途中にある千屋実という地名。そこに位置する旅館…