TAMAISM

旅の記録とか、舞台訪問とか。(旧 OFFTAMA)

2020年、今年どんなことしたい?

お久しぶりです。今年に入って仕事がめちゃくちゃ忙しくなって、全くといっていいほど遠征ができてません。

f:id:offtama:20190407182018j:plain
しごとつらい

ちらほら遠征の計画は立てているものの、平日は本当に仕事しかしてないので週末まで元気が保っていない状態です。こんなんで今後やっていけるのか。

気を取り直して、新年も始まったことですので今年の抱負をつらつらと書いていきます。

自転車

いきなりなんですが、今年は去年と比べると自転車遠征の割合が減ると思います。なぜかは下の方に書いてます。

去年の春に初めてのロードバイクであるTADA No.275が納車されてからというもの、全国各地を走りに行ってきました。

f:id:offtama:20200122212806j:plain
TADA No.275のカラーリング

同じ時期に仕事の関係で香川から岐阜に引っ越したことも関係し、去年は日本のほぼ中心にいることを活用して初めての飛行機輪行にチャレンジしてみたり、今まで行ったことがないような場所も行ったりしてました。そもそも、まともに飛行機に乗るようになったのも去年からだと思います。

ロードバイクという趣味が本格的にスタートし、ギアなんかも色々買い揃えたりしましたが、ここにきてやっと一段落したかなという感じです。おそらくもう自転車パーツを買い足すこともないかと。

あとは自分なりに、今までの自分の趣味である「旅行」とロードバイクをうまく組み合わせたようなスタイルでやっていきたいと思います。

で。

自分はロードバイクを始める前は、もともと登山と旅行が趣味だったのですが、去年は全くと言っていいほど山に行ってませんでした。去年行った山域といえば、

  • 表銀座縦走
  • 常念岳~蝶ヶ岳縦走
  • 室堂~仙人温泉~阿曽原温泉縦走

なんとこれだけ。

一昨年までの自分からしたらいくらなんでも少なすぎる…のですが、夏山登山のシーズンである去年の7月~9月あたりは自転車遠征に熱を出していたので、そっちの方に週末が消費されたわけですね。

どっちかというと登山のほうが個人的に優先度が高いので、天気次第ですが今年は登山7:自転車3くらいの割合で遠征したいと思います。岐阜県に住んでいると北アルプスの登山口まで2時間ほど運転するだけで到着しますし、それこそ富山県や松本市などにものすごく行きやすい。この環境を活かさない手はありません。

あ、もちろんですが自転車で行ってみたい場所も常日頃からチェックし、GoogleMapにまとめています。その中の一部分をピックアップすると以下のような感じです。

  • 渋峠
  • 毛無峠
  • 大弛峠
  • 飯能
  • 一ノ倉沢
  • 金精峠
  • 西吾妻スカイバレー
  • 八幡平アスピーテライン

上に挙げたのは東日本ばかりですが、東日本には個人的に魅力的な道が多いため、今後も訪れる機会は多そうです。これら以外にも日本海の島々でのキャンプライドとかも計画してます。

これらは、関東にお住まいのHAOさんが書かれている自転車ブログを参考にしています。上にも書きましたが西日本にも東日本にも(多分)行きやすい場所にいるので、飛行機輪行をフル活用して訪れてみようと思ってます。

blog.livedoor.jp

前回の富山ライドや伊豆ライドで、片道270kmくらいまでなら車載でも問題なく行けることが確認できたので、時間を有効活用するなら車載かなと思いますが、あまりに遠方だと飛行機や新幹線のほうが楽です。まあ状況次第で。

登山

すでに上に書いたとおり、岐阜県に住んでいるとどの日本アルプスにも比較的行きやすいので山域の選択肢は多い方だと思いますが、日本アルプスに限定せずに全国の山々を歩いてみたいと思っています。

むしろ日本アルプスは夏場だと人が多すぎたりするし、北アばかり訪れることにマンネリ感を感じてたので。

個人的に気になっているのは東北の山で、東北自体まだあまり行ったことがなく、未知の領域という感じが強いです。調べてみると山の近くに温泉があったりして、下山後に温泉に入って優勝するということも可能ということで行程を考えるのが楽しい。

特に、温泉が多い秋田・岩手・山形あたりは、自転車でも登山でも行ってみたいところです(乳頭温泉や玉川温泉、肘折温泉とか)。

まだ具体案は全然決まってないし、どっちにしろ結局は天気次第なわけですが、近場(主に北ア)と遠方の山を状況に応じて登りたいと思っています。

欲しいものとか

自転車と登山用品については、すでに欲しいものは一通り買ったので新しく買う予定はありません。登山用品は一度買ってしまえば頻繁に買い換えるものでもないし、自転車のパーツなども同じ。

というか自転車のパーツって単体で考えるとものすごく値段が高いですよね。同じように「金がかかる」ことで有名な趣味である登山をやっていた自分でも、これは正直驚きました。極論を言うと金属の棒が数万円とか、炭素の塊がン十万円とかしますからね。自分のTADA車にいくらつぎ込んだのかは怖くて計算してません。

今ちょっと気になっているのがカメラです。

私が遠征の際に必ず持ち出しているNikon D750はすでに3年ほど使っており、単体で見ると全く不満はないくらいに完成度が高いです。

しかし、カメラ業界のニュースを眺めていると今後一眼レフの規模が縮小していくことや、近年はフルサイズミラーレス機が目覚ましい進化を遂げていることなどが目に入ってきます。そこで、早めにフルサイズミラーレス機に移行しておこうかな、という思いが強くなってきました。

すでにロードバイクや登山など、自分と同じ趣味のステージでミラーレス機(特にSonyのα7系)を使っている方も多く、話を伺ってみると、

  • 登山時のハードな環境でも普通に使用可
  • バッテリーも近年のモデルでは気にならないくらい長持ちする
  • AFの性能が一眼レフよりも高い(暗所、動体)
  • レンズのラインナップが豊富(値段は一眼レフのレンズより高いですが…)

などなど、自分が不安だったポイントが軒並み解消されているようです。なので、この機会に思い切ってNikonからSonyへマウント移行してもいいかなと考えてます。

今のところ買うのはα7lllの予定…だったのですが、来月末に開催のCP+というカメライベントで、α7lllの後継機であるα7lVが発表されるのではという噂があり、とりあえずその時まで待機している状態。まあ噂ですが。

www.sony.jp

早く買って楽になろ?という意見も某界隈からもらっているものの、安い買い物でもないのでもうちょっと検討してみます。

現時点でなんとなく欲しいものはカメラと、それに付随するレンズ(標準ズーム、広角、35mm or 40mm単焦点)くらいですかね。


以上、今年の抱負でした。

週末は有限+快晴の日も有限なので、臨機応変に対応していきたいと思います。