TAMAISM

旅の記録、宿泊先や行程とか

勇楼旅館 刻み煙草で栄えた辻町の旅館に泊まってきた

旧街道沿いの旅館

今回は徳島の旅館に泊まってきました。

徳島県は山が多い県で、特に三好市や美馬市あたりは吉野川を挟んで急激に山がそびえ立っている地形がずっと続いています。また、山を挟んで反対側にある祖谷周辺になるとその山深さは相当なものとなり、山と川のほとりに集落が形成されている様子がよく分かりました。

徳島県の井川町辻地区周辺は古くから水運の拠点や宿場町として栄えたところであり、また幕末から明治時代にかけては、刻み煙草で繁栄した一帯でもあります。現在の国道192号を逸れて道を一本入ったところには旧街道の名残が残っていて、今でも商店がいくつか並んでいました。

今回泊まった勇楼旅館もまたその旧街道沿いにあって、建物がいきなり登場してくるのが印象的でした。

徳島三好市|勇楼旅館

f:id:offtama:20210803200318j:plain
勇楼旅館 外観

f:id:offtama:20210803200322j:plain
向かって左側が本館で、右側が後から建てられた別館

まず最初に、この勇楼旅館の成り立ちについて説明します。

  • 本館は元々旅館として建てられたわけではなく、元々はこの当たりでNo.1の打ち上げを誇っていた刻み煙草屋の建物である。刻み煙草産業は明治31年(1898年)に民営から官営に変わり(葉煙草専売法)、大きな打撃を受けたが、その際の国からの保証金で建てられたのがこの本館。なので明治30年頃の建築と思われる。
  • その後、現在の勇楼旅館のご一家が昭和10年(1935年)にこの建物を買取って旅館業を始めた。元々ご一家は明治の初め頃から別の場所で旅館業をされていたので、場所を移したという形になる。
  • 別館は買取り後に増築された棟で、1階は客室、2階は宴会場になっている。

外観からは旅館というよりは民家のような佇まいを感じましたが、成り立ちを聞いて納得しました。元々は家屋だったということで、そこから構造が変わっていないのでそう感じるのも無理はない。

f:id:offtama:20210803200519j:plain
塀沿いに右へ進むと突き当りに昔の玄関があるが、今は使われていない。

f:id:offtama:20210803200524j:plain
別館の裏手

f:id:offtama:20210803200511j:plain
旅館入り口

f:id:offtama:20210803200515j:plain
玄関前は広場になっていて、庭には大きな木が生えている

まずは外観から。

本館前にはかつては大きな玄関や蔵、風呂などがあった別棟が建てられていたそうですが、今は更地になっています。これは、ご一家が普段生活されている家(本館横にある)へ車の出入りを行えるようにするためで、現在では後付の本館玄関を利用する形になります。ただし、庭や本館のなまこ壁は当時のままということで、確かに今の玄関と比べると古さがあるように感じました。

また、旅館の建物は旧街道に面しているわけではなく、少し道を入ったところに位置しています。実は今の旅館へ続く道の部分には別の店があって、そこを買い取って道にしたとのことでした。

f:id:offtama:20210803200359j:plain
玄関。奥に直進すると別館へと続いている

f:id:offtama:20210803200354j:plain
玄関の右横は角部になっていて個人的には珍しく感じた(改築の影響?)。また、朝食は玄関横の居間でいただく形になる

f:id:offtama:20210803200403j:plain
居間の様子

f:id:offtama:20210803200407j:plain
居間から廊下方面を見る

f:id:offtama:20210803200455j:plain
居間の隣には本館2階への階段がある。階段手前の壁の手すりが特徴的。

f:id:offtama:20210803200350j:plain
玄関入って左横は厨房になっていた

f:id:offtama:20210803200346j:plain
廊下奥から玄関方向を見る

そして、玄関で女将さんにご挨拶して投宿。

玄関周辺の構造は至ってシンプルで、玄関入って真正面に廊下が続いているので見通しがいいです。廊下も黒光りしていて年季を感じるもので、その上を歩くと若干のきしみを感じるのがまた良い。

廊下の脇にある部屋については、右側手前から居間、本館2階への階段、ご一家の生活スペースの部屋があります。左側には厨房があって、私が滞在している間はご一家がこちらにいらっしゃるようでした。お会いしたのは女将さんとご主人の2名で、料理はご主人が作られている?様子。

というわけで、早速部屋に案内してもらいました。

f:id:offtama:20210803200414j:plain
廊下を直進すると曲がり角があり、トイレと洗面所がある

f:id:offtama:20210803200419j:plain
曲がり角を曲がると別館へ

f:id:offtama:20210803200425j:plain
別館1階の様子。左手の階段を上がると宴会場がある

f:id:offtama:20210803200429j:plain
別館1階廊下を直進するとお風呂やトイレがある

f:id:offtama:20210803200446j:plain
お風呂

f:id:offtama:20210803200434j:plain
なかなか変わった洗面所

別館には客室が合計5部屋あり、宿泊者はこちらに泊まる形になります。

別館にはその他にも宴会場のほかトイレやお風呂、洗面所があり、一泊する分にはこちらだけですべて完結することが可能です。お風呂についてはいつでも入れるので、まずはここでこの日の汗を流してさっぱりしました。

f:id:offtama:20210803200340j:plain
宿泊したのは別館1階の「第一號」の客室

f:id:offtama:20210803200326j:plain
客室の様子

f:id:offtama:20210803200330j:plain

f:id:offtama:20210803200438j:plain
別館の旧街道側の客室は大きな庭に面していて、巨大な3本のカイヅカイブキが見える。

f:id:offtama:20210803200442j:plain
窓の外には欄干がある。向こうに見えるのは本館。

今回泊まったのは、別館の一番手前にある「第一號」の部屋。立派な床の間が付いているほか、廊下との壁にひょうたんの形をした小窓が設けられているなど高級感があります。

ここでちょっと話が逸れますが、旧街道から見えた本館。あの2階にある客室にも実は泊まることができて、そこの床の間が本当に凄いものでした。実は予約の際に「本館に泊まりたい」とお願いをしたものの、本館の客室にはエアコンがないため夏では厳しいだろうと。ですが、一応両方に泊まれるように布団は準備しておくので、本館で寝たくなったら寝てもいいよとのことでした。女将さんの優しさに圧倒的感謝です。本当にありがとうございました。

結論としては寝るときだけ本館に行ったので、この別館の布団は使わずに終わりました。なので、別館では夕食のみいただいたことになります。

f:id:offtama:20210803200336j:plain
泊まった部屋(第一號)の床の間

f:id:offtama:20210803200503j:plain
その他の部屋の床の間

f:id:offtama:20210803200507j:plain
その他の部屋の床の間

ところで、この勇楼旅館では床の間の存在が非常に大きいです。

どの部屋を見ても一つとして同じ構造ではなく、使っている木材も変えていて凝りようが半端ではない。床の間といえば客人を迎える客間の一角にあるものであり、つまり勇楼旅館は客人をとても大事にしているということがうかがえる。

客を歓迎しています、というのは言葉に出してアピールするものではないし、勇楼旅館ではそれを言葉なく、床の間の豪華さで表現しているというのが心惹かれた。見る人が見ればもっと詳しいことまで分かるんでしょうが、自分の場合は詳しくないので造りの差まではわからない。しかし、床の間の造り込みの深さは素人目線でも理解できました。

f:id:offtama:20210803200451j:plain
床の間の長押。筋が多くてそれだけ手間がかかっている

女将さんのお話によると、例えばこの床の間の長押と呼ばれる板の部分。

単なる横に長い板ではなく、いくつもの段付き部分があります。これだけ長い木材にこのような筋をつけるのは昔の機材では大変なことで、筋が多い=それだけ手間がかかっているということ。床の間の一つ一つの箇所に対して、並々ならぬこだわり様が伝わってきます。

投宿してから別館の散策まではこれでひとまず終了。

宴会場の大広間

続いては、別館2階にある宴会場を女将さんに案内していただきました。

女将さんはとても話好きで、こちらから何かしらのアクションをしないと無限に話し続けてしまうくらいに色んなことを説明してくれます。たぶん宿泊者に同じようなことを聞かれるので自然とそうなったのでは…と思う一方で、玄関跡のことなどこちらに移ってきた当時のことを今でも鮮明に覚えていらっしゃるなど、元々旅館に対する思い入れが深い様子でした。

f:id:offtama:20210803200821j:plain
大広間へ続く階段

f:id:offtama:20210803200816j:plain
大広間前の廊下

f:id:offtama:20210803200736j:plain
宴会場や結婚式場として使われている大広間

大広間の広さは、なんと60畳もあります。

もともと40畳だったところを後から拡張したもので、当初の間取りは天井を見れば把握できました。ちょうど上に示した写真でいう一番左端がその拡張部分で、他の天井と比べると板張りが異なっているのが分かります。

f:id:offtama:20210803200732j:plain
照明が付いている天井の模様が美しい

f:id:offtama:20210803200812j:plain

大広間の天井は板を交差状に張り巡らせた構造になっていて、当初から存在する照明がある部分だけ飾り付きの空洞になっています(後付の照明の部分はこの飾りがない)。

梁が通っているような天井ではないことから、この広い空間内に佇んでいても圧迫感を感じづらいような気がする。天井も高く、非常に奥行きを感じさせる広さにも関わらず居心地がいい。

f:id:offtama:20210803200759j:plain
大広間の手前側から奥側を見る

f:id:offtama:20210803200808j:plain
大広間の奥側から手前側を見る

f:id:offtama:20210803200754j:plain
庭に面した窓には欄干が残っていた

f:id:offtama:20210803200750j:plain
欄干部分は幅があり、窓とカーテンの内側に障子戸がある

f:id:offtama:20210803200740j:plain
大広間から見える庭

f:id:offtama:20210803200804j:plain
大広間の奥側は舞台になっている。舞台袖には階段があり、1階へと通じている

f:id:offtama:20210803200745j:plain
結婚式で用いられる金屏風。相当珍しい品。

旅館において、ここまで広い空間はなかなかあるものではない。

しかも窓の外側が全体的に庭に面していて眺めがいいし、ここで何かの祝い事をするのなら演技がいいことは間違いない。しかも当時の構造がほぼそのまま残っており、適度な古さの中に身をおいていると時間を忘れそうになる。

また、この大広間の床の間もまた横方向にかなり広いもので、女将さんいわく三間はあるとのこと。確かに大広間の壁の一面に合うものとなれば広くなるのは納得できるのですが、ここまで大きなものとなると希少じゃないかなと感じました。比較対象としては城とかじゃないと現存してないのでは。

本館2階の客室

別館についてはこれですべての部屋を散策し終わり、夕食の時間まではまだ余裕がある。

そのまま続けて、本館2階にある客室を散策することにしました。

f:id:offtama:20210803200825j:plain
本館の階段を上がったところ。階段がある部屋は小部屋になっており、そこから一段上がった先が客室になっている

f:id:offtama:20210803200645j:plain

f:id:offtama:20210803200650j:plain
本館2階の客室

f:id:offtama:20210803200654j:plain

f:id:offtama:20210803200847j:plain
上一號床の間前から上二號を眺める。右側は床の間の付け書院

f:id:offtama:20210803200830j:plain

本館2階の客室は、階段を上がった先にある「上二號」と、その右隣(玄関側)にある「上一號」から構成されています。

いずれも刻み煙草の商談に使われた部屋であり、つまりこの部屋で煙草屋の主人と客(商人?)が直に会って話をした、歴史的に見ても厳格な場所ということ。その背景もあって旅館の客室という雰囲気ではなく、とても静かで荘厳な感じがします。

f:id:offtama:20210803200459j:plain
客は門を入り庭を抜けて本館1階と進み、その階段を上がって2階へと向かった。写真正面奥にその階段がある。

f:id:offtama:20210803200706j:plain
かつて客が上がった階段。こちらが正式な階段だが、現在使われている階段も昔から使われていたようである。

f:id:offtama:20210803200711j:plain
ちなみに、この階段の正面は上一號の付け書院の裏に通じている

上一號及び上二號の窓側(旧街道側)には廊下が走っており、その端には庭へと繋がる箱階段がありました。

主人側は現在使われている階段から、客側は門から入ってこちらの階段を上がって本館2階へと趣き、客はまず上二號で待機する形だったといいます。そして準備が整えば上一號で商談をするという流れ。

f:id:offtama:20210803200843j:plain
上一號の床の間

f:id:offtama:20210803200715j:plain
正直、ここまで見事な床の間は初めて見たかもしれない

f:id:offtama:20210803200719j:plain

上一號ではこの建物においてもっとも重要な「刻み煙草の商談」が行われたということで、その床の間は群を抜いて豪華そのものです。

まず床板が欅の一枚板だし、三段の違い棚、金箔をふんだんに使用した袋戸棚が目を引きました。次いで竹で編んだ壁や中抜きされた床柱、その隣の凝った意匠など、客人を迎えるにあたってこれ以上のものはないでしょう。それに加えて下部にある明り取りもまた美しく、明り取りの意匠は日本では珍しいもので大陸の技術を取り入れたのではないかと女将さん談。

写真には撮れてませんが、長押の筋の数も別館のそれと比べると3倍くらい多く、とにかく商談を行う際のスキが感じられない。この風情の中で商談をするにはなかなかの精神力が要りそうです。

f:id:offtama:20210803200702j:plain
上一號から旧街道方面を眺める

f:id:offtama:20210803200852j:plain
上二號から見た別館と庭

本館2階からは眺めもよく、西方面の天気がよく確認できました。

南北を山に挟まれた地形の中に建てられたこの旅館で展望を得ようとすれば西か東しかないわけで、その当たりも考慮して建てられたんだろうと思います。

夕食~翌朝

夕食については、椅子がある玄関横の居間か部屋出しかを選ぶことができます。

今回は、せっかくなので部屋出しにしていただきました。

f:id:offtama:20210803200633j:plain

f:id:offtama:20210803200637j:plain
いつものことだが、旅館の夕食はとにかく酒が進んでしまう

f:id:offtama:20210803200641j:plain

夕食の内容は地元の牛肉を使った焼肉や、徳島県の名産品である半田そうめん、それに魚や野菜などが中心に並んでいます。

旅館の食事って地方によっても異なるし、もちろん旅館ごとにも異なるので投宿の際の楽しみの一つでもあります。ですが、結局のところどれもこれも美味しすぎる上に、酒に合いすぎるので満足以外を感じたことがありません。

f:id:offtama:20210803200658j:plain
少々暑かったが、寝たのは本館でした

その後は気温が低くなるまで別館で過ごし、夜になって本館に移動して布団で寝てました。

本館・別館を問わずに客室は西に面しているため、夏だと特に西日の影響が大きいです。なので、エアコンがない本感に泊まりたい場合は涼しい時期を選んだ方がよさげかなと思いました。別館についてはどの部屋にもエアコンがあるので、特に心配ないかと。

夜中になれば多少は過ごしやすい気温になり、扇風機だけでもなんとかなりました。

f:id:offtama:20210803200834j:plain

f:id:offtama:20210803200838j:plain

翌朝。

夏特有の湿度で目が覚め、かと思えばすでに蝉が鳴いているのが聞こえる。

夏場の宿泊の何がいいって、やっぱり夕方と朝に蝉の鳴き声が聞こえることだと思います。日中はもう暑すぎて蝉すらろくに鳴いてないし、近年だとそれを味わえるのは比較的涼しい時間帯のみ。これについては日帰りだとなかなか難しいし、夏の旅先で一泊して、その上で蝉の鳴き声が響いてくるというのが夏感があって好き。

f:id:offtama:20210803200723j:plain
朝食は居間でいただきました

f:id:offtama:20210803200727j:plain

朝食はこんな感じで、どれもが白米のおかずとして強力に作用する品ばかり。この日はもう帰宅するだけだったのですが、案の定何杯もご飯をおかわりしてしまった。

そんなこんなで、勇楼旅館での一夜は終了。女将さんには何度もお礼を言って、旅館を後にしました。

四国を巡る旅はまだまだ何個も計画しているので、その際にはまたこちらに投宿したいと思います。

おしまい。