TAMAISM

旅の記録、宿泊先や行程とか

河津峰温泉 花舞竹の庄 昭和ノスタルジーあふれる旅館に泊まってきた Part 1/2

バブルの記憶

今回は静岡県の河津町にある旅館、花舞竹の庄に泊まってきました。

この旅館の経緯は少々変わっていて、タイトルにもなっている通り最盛期は昭和のバブル真っ只中。空前の好景気に乗る形で豪華さを売りに営まれた後、今では素泊まり専門の旅館として営業しています。

豪華さを売りに…と書いたとおり高級さは相当なもので、たぶん全国の素泊まり専門の宿の中では一番といっても過言ではないと思います。まず館内がめちゃくちゃに広いし、この旅館の最大の特徴である温泉も、他にはない雰囲気を醸し出していました。

河津峰温泉旅館花舞竹の庄|公式

というか、そもそも公式サイトの写真からしてとても素泊まり専門の旅館とは思えません。外観だけでなく玄関や客室も含めて、「かつては高級旅館だった」ということがよく伝わってきます。

というわけで早速投宿。

f:id:offtama:20210814211938j:plain
花舞竹の庄 外観

f:id:offtama:20210814211942j:plain
県道14号に面している建物は植物に覆われていた

伊豆半島の外周沿いを走る国道135号を南下していくと、河津桜で有名な河津町の町並みが見えてきます。

花舞竹の庄は河津桜の並木道から少し離れたところに位置しており、湯ヶ島や修善寺方面へ抜ける県道14号の脇にありました。余談ですがこの県道14号の交通量が予想以上に多く、車を駐車場に止めるのがかなりしんどかったです。

外観としては全体的に植物に覆われていて、夏に訪れたこともあって緑一色という感じ。植物が古さを演出している一端なのは間違いないですが、ここが営業中ということを知らないとそのまま通り過ぎてしまいそうでした。

f:id:offtama:20210814211949j:plain
玄関

玄関の前には車が出入りできそうなロータリーがありましたが、これは簡易的なものっぽくて少なくとも今の車だと幅が足りません。

玄関の前の石畳には隙間から草が生えてきており、手入れされなくなって久しいことが分かります。実はこの花舞竹の庄、現在管理されているのは老夫婦のご二人だけのようで、全体的な管理をされているのはご主人だけの様子。後述しますがこの広さの旅館を二人のみで維持していくのは普通に無理な話なので、この雰囲気が保たれているのも奇跡みたいなものでした。

で、玄関を入る前に、この花舞竹の庄の成り立ちについてもう少し詳しく説明することにします。

  • 昭和8年(1933年)に創業。
  • 元々は新宿で遊郭をやっていたところが再開発のため廃業されるということで建物を取り壊し、そのときに出た材木の一部を流用して建てられた。
  • 棟としては玄関がある本館と、後から建てられた離れから構成される。

昔のパンフレットには本格的に営業されていた当時の様子が載っていて、今では水を抜いている大きな池には錦鯉がたくさん泳いでいたり、夜景が美しかったりと豪勢な感じです。その他にも「設備のご案内」と書かれた部分によれば、

  • 建物は純和風数寄屋造り
  • 客室数22室(檜風呂付4室)
  • 60名様収容
  • 回遊式池泉庭園(1300坪)
  • 大浴場(殿方・ご婦人)露天岩風呂
  • 大広間(花舞・雲海・金鈴・蓬莱)100名収容
  • クラブフェニックス
  • 駐車場完備
  • 防災施設完備

と、要は「大人数でも大丈夫ですよ」ということが謳われていました。

バブルのときの宿泊と言えば、会社の部署とか課とかの大人数で宿泊して、とにかく旅館側の利益が最大になるような仕組みがメインだったといいます。今で言うところの一人旅とかは皆無で、もう旅館といえば数十人で宿泊するのが普通というイメージ。そういう社会情勢だったので旅館側も次第に「広さ」を誇るようになって、上記のように大広間とか大浴場とかを整備したようです。

バブル当時の建物ってよく経営破綻して廃墟になっているというニュースを見た覚えがあるけど、この花舞竹の庄はそんな中でも営業を続けている、非常に貴重な旅館と言えます。

f:id:offtama:20210814212225j:plain
宿泊料金

そんな風に客室数が多い竹の庄ですが、現在使われている部屋はわずか4部屋です。

泊まることができる部屋は1階と2階にそれぞれ2部屋あって、料金は上の写真に示した通り。定員は4名と6名と分かれていて、料金体系も布団ありなしで分類されていたりします。なので、状況に応じて最適な泊まり方ができるというのが便利かと。

玄関から客室へ

という背景を述べたところで、玄関から中へ入ることにします。

実は、渋滞のせいで予約時に伝えておいた時刻から投宿時間が少し遅れてしまい、前もって遅れることは伝えておいたもののかなり焦りました。なので、自分が到着した時点でご主人が玄関の前で待ってくださっているという状況。なんか申し訳ない。

f:id:offtama:20210814212101j:plain

f:id:offtama:20210814212105j:plain
玄関

f:id:offtama:20210814212119j:plain
玄関上がってすぐ正面がフロントで、その奥には2階への階段がある

f:id:offtama:20210814212114j:plain

玄関をくぐると正面には物を飾るスペースがあって、導線としては左手方向に伸びていました。

少し先に進むとフロントがあり、その奥には1階奥へ繋がる廊下と2階への階段があります。フロントの前から階段にかけてが絨毯敷きになっているあたり、うまく言えないけどなんか昭和感がある。

f:id:offtama:20210814212109j:plain
玄関左横にあるロビー。奥の池に面していて眺めがいい。

f:id:offtama:20210814212128j:plain

f:id:offtama:20210814212133j:plain

f:id:offtama:20210814212124j:plain
ロビーの床の一部はガラス張りになっていて、かつてはここから池の様子が見えたみたいです

f:id:offtama:20210814212143j:plain
ロビーからフロント方向を眺める

f:id:offtama:20210814212138j:plain
かつて宿泊客にコーヒーを提供していたカウンター

フロントの正面にはロビーがあります。

このロビーに置かれている調度品は当時のままで、特にソファの座り心地が良い。年季の入ったふわふわ感というか、若干硬いのが時代を感じられます。

ロビーの奥は窓の全面がガラス張りになっており、床の一部も含めて池の様子を確認しやすい構造になっていました。この旅館の売りの一つが広い池にあって、それを全面に眺められるロビーはさぞかし居心地がいいものだっただろうと思います。

f:id:offtama:20210814212147j:plain

f:id:offtama:20210814212250j:plain
ロビーの右横にある廊下を奥に進むと、池に面した縁側のような場所に出る

f:id:offtama:20210814211954j:plain

そのロビーの外側の廊下から繋がっているのが池に面した縁側で、ここからは池の様子が一番よく見えました。縁側の床は木でできていて池との親和性がよく、季節を問わずに涼を得られる感じ。その縁側の内側の部屋はすべてが大広間で、昔はここで宴会をしていたことが想像できます。

大広間の隣には庭とか池があることが多い…というか、それだけ広い部屋の隣部分=敷地が広いということなので、むしろそういうのを造るのが自然な流れなのかもしれません。逆に何もなかったら殺風景すぎるし。

この池はかつてはちゃんと水が張られていたそうですが、水を張ると管理が異常なほど大変になるので今では抜いているそうです。水を張ると全体的な掃除だけで数日かかるし、そもそも水を入れたり抜いたりするだけでも時間がものすごくかかってしまう。こういった大きな池の管理はとにかく人手が必要で、金も人員も潤沢にあった昭和の時代だからこそ設計されたものの一つだと思いました。

さて、玄関周辺を歩き回ったところで、今回泊まる部屋に向かいます。

f:id:offtama:20210814212050j:plain
今回泊まった「曙」の客室へ続く階段。階段の先には曙の客室しかなく、純粋に部屋のためだけに造られた階段です。

f:id:offtama:20210814212055j:plain
曙の客室の前が「クラブフェニックス」で、要は酒を飲めるところ。

今回泊まったのは、上で述べた離れの2階部分にある「曙」の客室。

旅館の一番奥に位置していて、ロビーからの導線はまずフロント前を奥に直進し、厨房前を左に曲がってまっすぐ進んだ先がここです。なお、現在泊まることができる客室はいずれも離れのもので、この曙の客室周辺に集中しているようでした。

ここには2階へ続く階段があるのですが、この階段の先には曙の客室しかありません。1階部分は別の客室になっているので、この周辺だけで2階への移動を完結させるために個別に階段を設けた形になっています。なので、温泉へ向かう際などはこの階段を上り下りすることになります。

f:id:offtama:20210814212046j:plain
階段を上がる

f:id:offtama:20210814212037j:plain
階段を上がって正面が客室で、折り返した先に洗面所とトイレがある。

f:id:offtama:20210814212042j:plain
客室前には檜風呂もあるが、こちらは使用不可。

階段の先には客室と洗面所、それにトイレがありますがトイレは和式でした。本館の1階部分に大きなトイレがあるので、ご主人から言われた通りそっちを使うほうがよさげです。

あとは客室手前に戸があって、その向こうは檜風呂になっていました。上で述べた"客室数22室(檜風呂付4室)"のうちの一室がここというわけです。大浴場のように集中管理しているわけではなく、個別に湯を通す必要があるので構造的に色々面倒そう。客室付きの風呂は常に宿泊者がいて湯を張っているという状況ではないので、現在は使用を止めているというのも納得。

f:id:offtama:20210814212014j:plain

f:id:offtama:20210814212009j:plain

f:id:offtama:20210814212005j:plain
曙の客室

f:id:offtama:20210814212028j:plain

f:id:offtama:20210814212019j:plain

曙の客室の様子はこんな感じです。

曙は入りの間が4畳(こちらに荷物を置く)、客間6畳の構成で、人数的には一人がちょうどいい感じ。設備としてはエアコンや空気清浄機、テレビ、ポットなどがあり、ポットの湯がなくなった場合は厨房横に置いておくと補充してくれます。

旅館ならではの広縁も備えていて、しかも本館方面の眺めもいい。一夜を過ごす部屋としては申し分ない。

f:id:offtama:20210814211959j:plain

f:id:offtama:20210814212024j:plain
曙の客室からの眺め

部屋の位置的にも県道からかなり離れたところにあるので、夜は本当に静かでした。

旅館が建築された当時はまだそこまで交通量はなかったと思いますが、今日では道沿いにある旅館は寝る時に音や振動が気になったりします。そういう点でいうと、花舞竹の庄の客室は実に寝やすい。

2階を散策してみる

ここで、花舞竹の庄の部屋の配置を確認したい。

f:id:offtama:20210814212032j:plain
花舞竹の庄 館内地図

この地図は2階部分のものですが、客室についてはほとんどが2階にあるのでこれを見れば花舞竹の庄のことがだいたい分かります。

ちょうど右下の端っこの1階部分が玄関に相当し、そこから上に向かって移動してきて階段を上ったところが「桧」の客室。というわけで、次は2階部分をひとしきり散策してみることにしました。

f:id:offtama:20210814212156j:plain
フロント前の階段を上がった先

f:id:offtama:20210814212203j:plain

f:id:offtama:20210814212152j:plain

f:id:offtama:20210814212207j:plain
客室の間には物干しスペースがあった

今更ですが、この日の宿泊者は自分ひとりだけです。

ただでさえ敷地が広すぎるこの旅館内、それに加えて人気の無さが加算されて、ただ散策しているだけなのにまるで探検チックな様相を呈している。人がいないので当然ながら明かりも点いてなくて、自然光だけが入ってくる廊下を歩いているというのが面白かった。

今でさえこれだけひっそりとしてますが、かつては高級旅館として繁栄を極めた場所であることは確かです。客室の豪華さにもそれが現れているし、広さが必須だった時代の建物内を歩いているとどこかさみしい気持ちになる。当時の繁栄も過去の話…という思いに駆られたり。

f:id:offtama:20210814212242j:plain

f:id:offtama:20210814212246j:plain

この旅館は実は宮大工が建てたもので、しかも宮大工をいくつかのグループに分けてお任せて造らせ、部屋の出来栄えを競わせたといいます。

なので装飾などが非常に凝っており、部屋の意匠や材木なども一室一室ごとに異なったものになっています。これだけのものを造ろうとするととんでもないくらいの時間と労力がかかりそうなもので、建築当時の写真とかあったら見てみたい気分。

f:id:offtama:20210814212211j:plain
2階の客室

f:id:offtama:20210814212217j:plain

f:id:offtama:20210814212221j:plain

f:id:offtama:20210814212237j:plain
別の客室

1階の大広間についてはほぼ物置同然みたいな雰囲気なのに対し、2階の客室はどれも掃除や準備や行き届いているように見えました。

客室によっては部屋と広縁が一体化しているような斬新な部屋割になっているところもあって、ご主人の言葉通り一つとして同じ部屋がないです。どの部屋に泊まっても満足できそうな感じがしたけど、こちらの客室は本館のものなので宿泊はできない様子。ただ、ちゃんと準備はしているところを見ると他の用途で使われることがあるのかもしれません。

f:id:offtama:20210814212233j:plain
先程見た池。わかりにくいが池の形が「心」の文字になっており、心字池と呼ばれている。

今でこそ建物が多いが、昔はここから海が見えたらしい。

この部屋からは、旅館の前にある池が一望できました。

池の形は漢字の「心」をかたどったものになっていて、池の向こう側には池に注ぐ滝もあった様子です。さらに巨大な錦鯉が数十匹も泳いでいて、夜には池の中心部に篝火を焚いていたとのこと。まさに贅を尽くしたという言葉が似合いそうな光景が目に浮かびます。実際に昔のパンフレットを見ると錦鯉が写真に写っているので、池単体でもとてつもない金がかかっていたことは間違いない。

さらに、建築当時はこのあたりに背が高い建物はここしかなかったことから、2階からは普通に海が見えたらしいです。今では家屋とか色々あるので視界が遮られているけど、こういう「視界の変化」で時代の経過が感じられるというのも良い。また、現代人の認識だと河津町は「桜」の町という印象が強いものの、あれは割と近代からはじまったもので、歴史的にはこの旅館の方が古いということも伺いました。

今の河津町が形成される前から、激動の時代を生き抜いてきた旅館。それが今でも宿泊可能であるということにまず感謝しているし、この空間内に自分が佇んでいる、という事実もよくよく考えてみれば貴重な体験そのもの。温泉に入る前から、ふとそんなことを考えたりしていました。

というわけで、Part 2に続きます。