TAMAISM

旅の記録、宿泊先や行程とか

攻撃的な人間に全く出会わずにSNSを続けるのは、案外難しいのかも。

久しぶりにSNSで絡まれまして。

f:id:offtama:20210929174115j:plain

空リプって何?

今さらですが、TwitterというSNSがあります。

その時々で抱いた感想とか気分的なこととか、一人一人が思い思いに色んなことを呟ける便利なツール。その即時性も相まって、趣味の会う人同士であの人は今どこにいっているんだとかの"現在"を知るのにも一躍買っているのがTwitterです。

が、呟く内容については当然ながらその瞬間のことに限定する必要は全くなくて、過去のことを言ってもいいし、もちろん未来のことを言ってもいい。誹謗中傷などは論外として、呟く内容は自由というのが原則です。

この時も自分は過去(以下)のことを思い出して、こんな内容を呟きました:

今となってはもう昔のことですけど、自分は別アカウントでTwitterをやっており、その時に某・元・丸共通運トラックドライバーさん(キャプ〇ん氏)から晒し行為を受けました。晒しの原因は私が何気なくつぶやいた彼に全く関係のない内容がどうやら気に障ったらしく、要は"お気持ち表明"として画像付きで晒されたわけですね。その影響でこのブログにも誹謗中傷のコメントが多数来たりして、気を病んでブログを一時期削除してました。

その騒動の後に彼と話す機会があったのですが、話によると「自分のことを言っていると思った」とのことでした。

これについては本当に意味が分からないと思っていて、当然呟く際に彼の名前を出したわけではないし、リプライ(明確にその人に向けて呟くこと)をしたわけでもありません。というか、特定の誰かを意図して呟く機会なんてたかが知れている程度だし、自分の中で完結する分で気持ちを呟くのは問題ないわけで。

ところが、世の中にはいるんです。

全然関係ない人の呟きに対して「この呟きは私のことを言っている」「私を非難している」と攻撃的に受け取る人間が。

この場合はキャプ〇ん氏がまさにそれで、自分はその攻撃の対象になったという形。これは専門用語でいうと空リプというらしいんですけど、正直勘違いに過ぎないので絡まれた方からすればたまったものではない。いや、お前全然関係ないやん…って。

空リプ(エアリプ)と遭遇した時に「自分宛ではない」と安心するために確認すること - ガラパゴスタ

私の場合は、特定の人に言いたいことがあるのならDMなりリプなりで直接言うので、空リプで誰かに向かって発信したことなど一度もありません。

なので、こういう人間に絡まれた場合はどう受け取ればいいんだというのが正直なところです。意識の範囲外から殴られたみたいな形になってしまって、こちらからブロックするくらいしか思い浮かびません。

まあ、そのキャプ〇ん氏はその後、自身の呟きが原因となって炎上したわけですが↓(自業自得)

【炎上】キャプたん氏がツイッター復活 トラックでの撮影妨害を疑われ誹謗中傷受ける 経緯まとめ : まとめダネ!

【悲報】人気ツイッタラー『キャプたん』、撮り鉄を妨害してイキるも犯罪行為がバレ炎上しアカウント削除wwwww : ケツマイモメモリー

話が逸れましたが、TADA車関連で彼とは数回行動を共にすることがあって、彼は本当に四六時中Twitterをしているような人間でした。宿泊を含む旅の途中でも移動中でもスマホから常に目を離さずにいたし、冗談抜きに一日のうちの大半はTwitterに費やしてそうなイメージ。

そんな彼のことを思い出して、こういう人って常にスマホ見ているよな…とか、炎上のことに関係して、全然関係ない人に絡む人ってSNSに向いてないんじゃないか…という呟きをしました。ただ、このせいで嫌なことを思い出したのには変わりないので、すぐにツイ消しをしました。

そしたらですね、また絡まれました。全然関係ない人に。

それが、この「壊れかけのRadio氏 @k_radio6924」という方。

初っ端で「これは私に向けての空リプだと思いますが~」とか、「苦言を呈しますけど、(以下私に対しての誹謗中傷)」「ツイート消したって分かってるんですよ」といった内容で絡んでこられまして。

この時点で私の頭の中は???となったのは言うまでもないです。

もちろん呟く際に彼の名前なんて出していませんし、彼に対してリプライをしたわけでもありません。強いて言えばキャプ〇ん氏の名前を思い浮かべながら呟いた程度なんですけど、それなのに彼はただ自分のことを言っていると思ったという理由だけで、顔真っ赤にして激怒しているわけ。

逆に聞きたいんですが、あなたのことを言っているというのはどこから判断されたんですか?無いよね?この方の脳内だけで完結している事象なので、そんな判断材料が存在するはずがないし。

これを例えるなら、「こっちの方を向いて笑われたので、自分が嘲笑されていると思った」と言っている老人と同レベルですよ。これが如何にバカな話ということが分からないのだろうか。

こういう人間って、常に攻撃対象を探しながらTwitterをしているんでしょうね。

自分とわずかでも異なる意見には問答無用でかみつくのが常になっていて、「これは、もしかしたら自分に対しての呟きじゃないのでは?」と冷静になって思考するとか以前に、脊髄反射かつ思考停止状態で反応してしまう。どういう育ち方をすればこうなるのかわかりませんが、Twitterばっかりやってるとこういう風に性格が歪んでしまうのかな。

ただ、キャプ〇んの例があるので社交辞令的にDMで謝罪をしました。自分が謝る必要は特にないんですけど、勘違いされたままというのも後味悪いので。

f:id:offtama:20210929173115j:plain:w500

で、帰ってきた返信がこちら。

まず、自分にとって痛いところを突かれたり、酒のせいだからといって他人を攻撃していい理由にはならないし、それを直接言われたわけでもない他人に平気で行うという行為に神経を疑ってしまう。

ちなみにこの方は現時点で27歳なんですけど、27歳にもなってこんな幼稚な行動や言い訳しかできないあたりもうお察し。いや、冗談抜きにどういう人生を送ってきたらこういう人間が熟成されるのか、ちょっと興味あるわ。

素直に「私の勘違いでした、ごめんなさい」が言えないのだろうか?

f:id:offtama:20210929173118j:plain:w500

f:id:offtama:20210929173111j:plain:w500

その後はこちらの予想通りに向こうからブロックされ、その後は私に対しての誹謗中傷が続いたようです。向こうの中では勝手に勝利宣言にされてるっぽいw どういう思考回路ならそうなるんだろうか。

さっきも書きましたが、これが単純に「自分のことを言っていると思った」と受け取った末の行動だとしたら、もう少し穏便に会話するとかの方法もありそうなものなのに、あからさまにこちらを敵視してくる輩には流石にこっちも対応せざるをえない。

というわけで、赤の他人の呟き内容にケチ付けてきた人は過去2人目なので、驚いています。壊れかけのRadio氏 @k_radio6924みたいなキャプ○ん氏と同類な人間は、世の中に普通にいるというのを改めて実感できた出来事でした。

結局のところ、勘違いで他人を攻撃する人間は多い

個人的に、実生活ではバカとキ〇ガイには関わらない・争わないようにしてまして。

とにかく「関わってもロクなことがない」のが一番の理由で、SNSにおいてもそういうアカウントには一切関わらないようにしています。具体的には政治界隈等がそれに該当して、傍から見ているだけでもヤバそうなのでこちらから関与する理由がない。

ただ、今回みたいに向こうから絡んでくる場合は流石にお手上げというか。

見えている世界、知っている世界が狭すぎるために、他人を勝手に批判するような人間がいる世の中ですし、色んな意味でかわいそう。
何でもそうですが、間違いを間違いとして認めずに、屁理屈の多用で自説を展開する人っていますしね。

私は今まで自分から攻撃的な呟きをしたことはありませんし、これからもする予定はありません。自分は楽しくTwitterをやりたいだけで細々とやっているのに、全然関係ない側から誹謗中傷してくるってどうなのよ…。
コロナ禍で情緒不安定な人間が増えているのかもね。
まあ、元々性格が歪んでいるだけという救いようのないケースもありますが。

ただ、自分の呟きは(鍵をかけていない限り)世界中に向かって発信しているのと同じことなので、これを他人がどう受け止めるかについては重々考えなくてはいけないなとも感じています。自分が良かれと思って発言している内容が、Aさんにとってはなんともなかったとしても、Bさんにとっては違った意味で解釈される可能性は普通にあります。なので、今後は今まで以上に当たり障りのない発言をしていこうと思ってます。

もちろん、解釈が違ったからといって他人を攻撃していい理由にはなりませんが。


正直言うとこんな内容の記事なんて書きたくないんですけど、私だって普通の人間であってサンドバッグではないので、明確に攻撃されれば打たれっぱなしというわけではなく反撃する。しかも、純粋に向こうから手を出してきたのであればなおさら。

というか、ネット上の誹謗中傷って「画面の向こうにいるのは血の通った人間」ということを理解していない輩が多いです。なので、何を言ってもいい/俺がどう批判しようが俺を怒らせたお前が悪いみたいな人間がゴロゴロいる。

真実に向き合うこともせずに独自解釈ばかりする人って、本当にみっともない。