TAMAISM

旅の記録、宿泊先や行程とか

【琴引浜~伊根の舟屋】ちょっとロードバイクで丹後半島を走ってきた

国道178号周辺を走ったらめちゃくちゃ楽しかったのでご紹介します。

【訪問日:2020年6月22日】

丹後半島

昨日の舞鶴ポタは海沿いを走れてもう大満足…だったのですが、梅雨の真っ只中にあって翌日のこの日も比較的天気がいいということで自転車に乗ることにしました。

その場所とは、舞鶴の西方にある丹後半島です。

京都府北部の日本海に突き出た半島で、西半分を京丹後市、東半分を伊根町と宮津市が占めています。アクセスとしては自動車による車載が便利ですが、電車についても京丹後鉄道宮豊線が通っているので輪行も可能。

f:id:offtama:20200626181134j:plain

今回は宮津から輪行でスタート地点に向かうことにしました。

平日のローカル線の雰囲気って、いつもでは味わえない状況になるのが好きだったりします。平日の始発の電車に乗ってくるのは通学中の学生くらいで、あとは年配の方くらい。休日に電車に乗るといくらかは観光客の姿が見えたりするものの、平日だとほとんど見かけません。そういう意味では現地としては日常的な風景ですが、自分からしてみたら非日常なんですよね。そこがいい。

平日に旅するのも積極的にやっていきたいです。

f:id:offtama:20200624205221j:plain

そんな丹後半島ポタの出発点にあるのが、久美浜湾のほとりにある小天橋

宮津市周辺の風光明媚な場所といえば、日本三景にも数えられる天橋立が有名ですね。ここ小天橋はその天橋立と同じ湾口砂州で、見た目もかなり似ていることからこの名前がつけられたそうです。

近くに海水浴場もあり、夏場はかなりの人で賑わうことが予想されました。周辺には宿も多いのでここでまったりするのもよさそう。

f:id:offtama:20200624205226j:plain

f:id:offtama:20200624205235j:plain

小天橋の中心にある湊小橋は、ともすれば歩道橋のような独特の形をしています。ただしその下を通るのは車ではなく船。こんな不思議な光景が初っ端から味わえるのがこのルートの魅力だと思いました。だって人しか通れない橋が湾を跨いで掛かっているなんて、実際に訪れるまで想像もできませんでしたし。

f:id:offtama:20200624205232j:plain

f:id:offtama:20200624205239j:plain

f:id:offtama:20200624205245j:plain

橋を渡った先にあるのは漁村の静謐な風景そのもの。

平日ということも相まって観光客はおろか住民の姿すらほとんどなく、そんな家々が立ち並ぶ細い路地を自転車で走っているだけで楽しくなってくる。

f:id:offtama:20200624205250j:plain

f:id:offtama:20200624205256j:plain

f:id:offtama:20200624205259j:plain

海のすぐ近くに家がある風景ってやっぱり良いものです。

それだけ波が静かということだし、それだけ生活が海と一体になっているということが如実に感じられる。しばらく堤防の縁に座ったりなんかして、ゆっくりとした時間の流れを楽しんでいました。

伊根町へ向かう

小天橋を後にして、この後は丹後半島を時計回りに一周していきます。

ルートとしては主に国道178号を通ることになりますが、この道がほぼほぼ海沿いを走っているのが大変便利でした。というのも、海沿いを走っているととにかく眺めが良いので、ちょっと気になる風景などが発見しやすいというメリットがあります。逆に内陸を走っていると山々に囲まれたりして見通しが悪かったりするし(もちろんそれが楽しい場合もあるけど)、"遠くまで見通せる"というのは走ってて精神的に安心できます。

f:id:offtama:20200626181138j:plain

f:id:offtama:20200626181144j:plain

f:id:offtama:20200626181148j:plain

f:id:offtama:20200626181154j:plain

丹後半島の東側と西側では地形が大きく異なっており、東側はほとんどアップダウンがないのに対し、西側はかなりの頻度で坂道が登場します。

なので海面と道との高低差もそれに従って上下するわけで、つまり視界に入ってくる景色が常に変化するということ。普通に歩いていけるくらいの砂浜が登場したかと思えば、海沿いの崖が見渡せる道に変わったり。

特に"良さみが深い"のが、波が打ち寄せる様子が刻々と変わっていくのが分かることですかね。すぐ目の前に波があれば迫力も増すし、かなり高い場所から見れば水平線から岸に向かって流れてくるのがスケール感も大きく感じることができます。何が言いたいのかというと適度なアップダウンがあるのが風景をさらに素敵なものにしている、これだけははっきりしてる。

f:id:offtama:20200626181206j:plain

f:id:offtama:20200626181210j:plain

f:id:offtama:20200626181215j:plain

f:id:offtama:20200626181220j:plain

道の途中途中に観光スポットも多数存在しており、鳴き砂で有名な琴引浜や立岩、屏風岩、丹後松島展望所などなど。これだけの風景を車のスピードで通り過ぎてしまうのはあまりにももったいないので、自転車の速度域で味わうのがおすすめです。

確かに駐車場があるところもありますが、逆に言うと車って駐車場以外では停車できないのがネック。ロードバイクなどの場合は比較的自由に駐停車できるのが強みだと感じました。


そんなスポットを巡りつつ、さらに東方面へ向かっていく。

ここらへんになると海面と道の高低差もかなりのものになっています。それをこれ以上無いくらい実感させてくれるのが、経ヶ岬灯台を過ぎたあたりにあるカマヤ海岸

f:id:offtama:20200626181234j:plain

f:id:offtama:20200626181238j:plain

f:id:offtama:20200626181243j:plain

このWINDING ROAD感やばくないですか。

これだけ景色が開けていて気持ちいいのはもちろんのこと、西→東方面に向かうと全て下りなのでスピードに乗った状態のままでここを走れるんですよ。もう最高すぎる。

徐々に標高を上げていった末にこの景色ですからね。道を造った人は理解ってるなコレ。

伊根の舟屋

カマヤ海岸をダウンヒルしてしばらく海沿いを流し、今回のポタの終着地点までやってきました。

f:id:offtama:20200626181256j:plain

以前からずっと行きたいと思っていた、伊根の舟屋です。

伊根の舟屋とは、簡単に言うとここ伊根地区で伊根湾沿いに立ち並ぶ民家のことをいい、船の収納庫(ガレージ)の上に住居を備えた伝統的建造物を指します。この「舟屋」は伊根湾の海面にせり出して建築されており、1階に船揚場や物置、作業場があり、2階が居室となっています。

f:id:offtama:20200626181300j:plain

ご覧の通り、民家の1階部分が海に面しているどころか海と一体となっており、ここから船を出し入れするというわけです。日本中を探してもここでしか見られない建築様式で、しかもそんな舟屋が湾を取り囲むようにずらっと立ち並んでいるものだからもう興奮しっぱなし。

さっそく散策していきましょう。

f:id:offtama:20200626181019j:plain
静かな漁村を散策する

f:id:offtama:20200626181309j:plain

f:id:offtama:20200626181315j:plain

海に接している舟屋は、先ほど述べたように舟のガレージが主な機能です。なので道路を挟んだ向かい側には、住居用の母屋があるのが主流となっているようです。ただし漁の後に作業をしたり、翌朝の漁に備えたりすることがあるため、舟屋でも居住できるような機能が加わったのが現在の舟屋の姿だそうです。


あ、ちょっとこれは声を大にして言いたいんですけど、伊根の舟屋を訪れる交通手段はロードバイク一択です。とにかく道が狭く、対向車が来た場合はすれ違いがほぼ不可能な場所が多いです。なので観光協会としても駐車場(これもそこまで広くない)に車を停めたあとは、徒歩かレンタルサイクルでの移動を推奨しています。

だったら始めからロードバイクで行けばいいじゃんという思考に至るのは当然なんだけど、実際に現地を走ってみると確かにそう思います。道の両脇にすぐ民家があるので車の運転は正直おすすめしません。

f:id:offtama:20200626181001j:plain

f:id:offtama:20200626180950j:plain

漁村の雰囲気…良き…。

自分は基本的に静かなところが好きで、特に観光客でごった返しているところは有名スポットであっても行くのをなかなか躊躇ってしまいがちです。ここ伊根の舟屋の雰囲気はまさにその逆をいっており、自転車で訪れて自分のペースで散策するのが非常にしやすい。

町そのものもこじんまりとまとまっているので、歩きでも散策しやすいのもいいところです。

f:id:offtama:20200626181006j:plain

f:id:offtama:20200626181011j:plain

舟屋と舟屋の間の路地からは海が見える。まさにここしかない光景です。

f:id:offtama:20200626181015j:plain

そんな舟屋郡ですが、観光名所として名高いスポットにも関わらず中を見て回ることは一般的にできません。それもそのはず、舟屋は今でも現役で使われており、いわば普通の民家ですのであれこれ勝手に見て回ることは不可能です。

伊根町観光協会 | 海の京都・舟屋の里 伊根町の良いとこをお届け

http://www.ine-kankou.jp/wp-content/themes/ine/img/manners-jp.pdf

観光協会のHPでも、

伊根の舟屋は、名所旧跡ではありません。舟屋は漁師や住民の生活の場です。今なお、舟屋を活用して暮らす人々の生活があるからこそ、普遍的で魅力的に存在し続けています。 この魅力的な舟屋、舟屋を活用して暮らす人々の生活の一部を肌で感じていただき、観光地ではない生活感を体感していただけると幸いです。根の舟屋は個人の所有物であり、舟屋や母屋はもちろん、その敷地も個人の所有ですので、所有者の許可なく無断に侵入することはできません。

と書かれています。

ただ、ごく一部の舟屋に限っては見学が可能ですので、今回はそのうちの一つを訪れてみました。

f:id:offtama:20200626181024j:plain

いかがですか。

インパクトが半端ない風景だと思いませんかコレ。

入り口を入って突如として現れる漁船。それを取り囲むように様々な道具類が壁にかけられています。※自転車は許可をとって入れさせてもらいました。ありがとうございます。

本当にもう船のガレージそのもので、なんというか""秘密基地感""があってめちゃくちゃ興奮する。

f:id:offtama:20200626181035j:plain

f:id:offtama:20200626181053j:plain

f:id:offtama:20200626181048j:plain

f:id:offtama:20200626181040j:plain

f:id:offtama:20200626181044j:plain

木造というだけでも素敵なのに、これだけ海と密接に繋がっている生活をされているということを感じられるのがGood。舟屋郡を訪れた際はぜひとも中を見学することをおすすめします。ガイドツアーなどもあって興味深いお話を聞けますよ。

f:id:offtama:20200626181103j:plain

お昼は観光案内所の2階にある「舟屋食堂」にて海鮮丼をいただきました。食堂の窓からは舟屋が一望できるほど眺めがいいです。

ここのランチメニューは海鮮丼やお刺身定食など、伊根湾や近海の新鮮な海の幸を使ったものが中心です。今回注文した海鮮丼にはご覧の通り新鮮な魚介がたっぷり。ネタは季節ごとに変わり、その時期旬の魚が7~8種類ほどのるそうです。これがまた旨くてね…心のなかでガッツポーズ決めるくらい美味しかったのは秘密。

今日はひたすら海沿いに焦点を合わせて走ってきて、これだけの風景を楽しむことができ、最後は海鮮丼で優勝する。平日の過ごし方としては申し分ないんじゃないでしょうか。

f:id:offtama:20200626181116j:plain

f:id:offtama:20200626181125j:plain

f:id:offtama:20200626181058j:plain

以上で今回のポタは終了。

今日見てきた風景を思い出しつつ、宮津まで自転車を走らせました。

おわりに

京都の海沿いにこれだけ風光明媚な場所があるなんて初めて知ったけど、実際に訪れてみて「これは何度でも走りたい」と心から思えるほど癒やされるところでした。そこそこ多いアップダウンも景色を彩るように思えてきて全く苦になりません。自宅からも割と簡単に行ける場所にあるし、これから暑くなる季節には涼みに訪れるのも良さそうです。

丹後半島はいいぞ。