TAMAISM

旅の記録とか、舞台訪問とか。(旧 OFFTAMA)

【GIRO SYNTAX MIPS AF】 ロードバイク用ヘルメットを新調しました

グラベルロード FUJI JARI 1.3購入と同じ時期に買ったヘルメット(OGK KABUTO FIGO)がそろそろ3年目を迎えるため、心機一転も兼ねて新しいヘルメットを買いました。

3年で交換なので

ロードバイク用のヘルメットは、一般的に3年を目安に買い換えるとされています。

funq.jp

ヘルメットの主な材質である発泡スチロールは使用環境によってどんどん劣化していくため、永遠に使い続けられるというわけではありません。ただ、個人の使用頻度や取扱い状況、保管状態等はそれぞれ異なっていることから、一律に耐用年数を決めるのは難しいものがあります。

そこで、目安として使用開始から3年と設定されている(らしい)です。また、年数以外にも落車等で強い衝撃が加わった場合は強度が低下している恐れがあるため、これも交換を推奨するとのこと。

実際に自分が使っていたFIGOを確認してみると、結構な傷や凹みが確認できました。思い返してみれば、自転車を趣味として始めたときから使っているものなので落車も何度か経験してるし、顔を上げた際に頭を強打することもしばしばありました。このまま使い続けても問題ないのでは?と思う一方で、今後例えば事故に遭った際にヘルメットとしての機能を果たしてくれないと困るので買い換えることにします。


実際に店舗等でロードバイク用のヘルメットを見るとよく分かりますが、そこそこ価格が高いんですよね。

値段が高くなればなるほどいわゆる競技向きになり、特徴としては軽量さと頑丈さを両立させてたりするし、通気性が良かったりもします。特に重さについては安いものと比べてみると明らかに異なるので、気になる人は色々被ってみて判断するのが良さげ。被ってみないとサイズ感も分からない上に、ロードバイク用品って基本的に欧米人向けに作ってあったりするので、日本人の頭の形には合わないケースもあります。

その他の要素としては、があります。

ヘルメットはロードバイクに乗る以上は必ず必要になるものですし、常に身につけているものだから気に入った色を選びたいもの。これについてはメーカーによりますが、完全に好きな色で選んでしまっても良いかもしれません。

買ったもの

今回買ったのは、GIROのSYNTAX MIPS AFです。

GIROは今使ってるシューズでもお世話になっており、個人的に信頼を置いているメーカーのひとつ。すでに使ったことがあるメーカーだと選択肢の上位に入りやすい気がします。

www.e-girotokyo.com

SYNTAX MIPS AFは、AF(アジアンフィット)の名の通りアジア人の頭の形状に合わせたモデルで、奥行きが広いので日本人にとっても安心感のある被り具合なのが特徴。さらに頭部への衝撃保護技術"MIPS"によって必要十分以上の強度を兼ね備えており、ベンチレーションホールも多いことから通気性も良さげです。

自分はとにかく汗をかきやすいので、通気性の良さは何よりもありがたい。

f:id:offtama:20210201200017j:plain

f:id:offtama:20210201200021j:plain

f:id:offtama:20210201200027j:plain

f:id:offtama:20210201200031j:plain

色については、夜明け直後の空を連想させる"Matte Midnight Bars"を選択。

というか、最初から色だけで選びました。

FIGOは黒一色だったので、今回はアクセントを入れる目的で明るい色が含まれたものにしてみましたが、実物を見るとこの色がとても美しい。メインの紺色の中に鮮やかな暖色が映えています。

実際に被ってみて30kmほど走った結果としては、以前使っていたFIGOよりも数値的には重くなってるはずなのに全く気になりませんでした。通気性もいいので頭が涼しいし、結論としては買ってよかった。もちろん、本格的に暑くなる夏場のライドではどの程度快適性に効果があるのか確認してみる必要があるものの、所有欲も満たされる良い製品だと思います。


3年で買い換えるという前提だと、あまりに高い製品はちょっと…という視点で見つけたこのヘルメット。これからの旅のお供として各地へ同伴する中で必ず役立ってくれるはず。

楽しみです。