TAMAISM

旅の記録、宿泊先や行程とか

「からかい上手の高木さん」舞台訪問 in 小豆島

2018年1月から3月まで放送されたアニメ「からかい上手の高木さん」の舞台訪問記録です。

中学校から近い順に紹介しています。

小豆島へのアクセス

舞台となるのは瀬戸内海に浮かぶ島、小豆島です。

小豆島はその名の通り「島」なので現地への交通手段はフェリーに限られます。

(小豆島ふるさと村HPより引用)

小豆島には複数の港があって、各港にフェリーが発着しています。ここでは「からかい上手の高木さん」の舞台となった土庄町(土庄港)のフェリーをご紹介します。

他の港から土庄町への移動はできなくはありませんが、公共交通機関は時間が限られるため、自動車や自転車がないとちょっと自由にいきません。

なので、岡山か高松から土庄港へ向かうフェリーに乗る→土庄港でレンタルサイクルを借りて舞台を回る、というのが距離的にも比較的楽かと思います。

岡山⇔土庄のフェリー

運賃 新岡山⇔小豆島(土庄) 片道 大人一人¥1,050、自転車は+¥310

所要時間は約70分です。

便数は6:20から19:30まで、ほぼ一時間に一本ありますので大変便利です。復路の土庄→岡山の最終便は19:25です。

運賃や時刻表、乗り場の案内はこちら→時刻表・運賃 岡山~小豆島(土庄)

高松⇔土庄のフェリー

運賃 高松⇔小豆島(土庄) 片道 大人一人¥690、自転車は+¥360

所要時間は約60分です。

便数は6:25から20:20まで、新岡山発着と同様、ほぼ一時間に一本運行しています。コンセントについては座席に備え付けられている便と、ない便があります(船による)。

復路の土庄→高松の最終便は20:10です。

なお、往復で買うと高松・土庄フェリー航路の復路が1割引になります。有効期限は発売日から1週間。

運賃や時刻表、乗り場の案内はこちら→時刻表・運賃 高松~小豆島(土庄)

小豆島の各港をまわるバスの時刻表はこちら→小豆島オリーブバス

レンタルサイクル

料金および営業時間 【料金】1日¥500+保証料金¥1,000
【営業時間】8:00〜17:00(返却は16:50まで)

フェリーの発着場でそのまま借りることができます。詳細はこちら→土庄港観光センター

なお、リンク先には

  • 土庄港、エンジェルロード、迷路のまちなど、近回りの観光におすすめです。
  • オリーブ園やオリーブ公園などへは1時間以上走る事になりますし、勾配のきついアップダウンもあり、到着する頃には疲れてしまって観光どころではなくなってしまいますので、オススメできません。

と書かれています。写真をみたところ変速機も付いていないようなので、近場の利用に限るのがよさそうです。

土庄町立土庄中学校

西片や高木さんが通う中学校のモデル。

敷地内には当然入れませんので外観のカットに限られます。

一番上のカットは、土庄中学校の東の高台にある富丘八幡神社の参道から撮影しました。参道は土庄中学校のグラウンドのそばから上がる道と、神社の東側(與九郎稲荷神社側)から坂道を登る道の2つがあります。

前者はどうしても中学校のすぐそばを上がるので、生徒が部活動をやっている時間帯などは後者を推奨しておきます。

あと、正門からすぐ入ったところにある玄関で部活動をやっていることがありますので撮影には十分注意してください。

今回の訪問では午前中の部活動が終わり、あたりに人が居なくなってから撮影しています。

八幡橋

土庄中学校の北西にある橋。

なかなか背景が一致しません。橋の反対側からだと手前の堤防がフェンスになるのでなおさら合いませんが、場所的にここかと思います。

背景の山の向きは違いますが、後ろの家屋は多少の一致が見られるようです。

地味に交通量が多いので車に注意。

土庄町立中央図書館

5話「テスト勉強」で登場した図書館。

中学校から行く場合は八幡橋を渡って左に曲がり、直進すると到着します。当然外観のみのカット。

通学路

作中では通学路など町並みの風景が数多く登場します。数が多すぎるので全部はまだ把握しきれていません。

OPで登場するほか、各話で似たような道が登場しています。

場所は八幡橋を渡って直進し、オリーブタウン東の道との交差点(浜野石油渕崎給油所)を右です。

少し歩くと特徴的な土壁が現れるので、土壁の終わり際の十字路を東に行くとあります。

このあたりは入り組んでいる上に道幅が狭く、ほぼ歩行者と自転車しか通りません。歩いて散策するにはいい場所ですね。

ブックスことぶき

5話「本屋」で登場した書店。

訪れる人がかなり多いので、正確なカットを求める場合には開店前か開店直後にさっと行くことをおすすめします。人が多いときは駐車場が車で埋まります。

実際には店の向こうの道は橋になっているのですが、作中では違うようです。山の向きも逆になっています。

エンジェルロード

潮の満ち干きで道が現れたり消えたりする、小豆島で人気の観光スポットです。

引き潮のときには余島まで渡ることができます。「大切な人と手をつないで渡ると、願いが叶う」というロマンチックな場所の通り、カップルが多いようです。

今回は訪問時の時間が合わず、道が消えてました。干潮の時刻は土庄町商工観光課のWebサイトで確認できます。→ http://www.town.tonosho.kagawa.jp/kanko/tnks/info511.html

マラソンコース

8話「マラソン」で登場した海岸沿いの道。

場所はエンジェルロードから西へ進んだところにある、土庄鹿島海水浴場の南端(右へ曲がる急カーブ)付近です。

同じく土庄鹿島海水浴場の「理容ほしの」駐車場付近。

作中の場所に自動販売機はありませんが、北へ50mほど進むと同じタイプの自動販売機があります。

鹿島明神社

OPのほか、5話「雨宿り」で登場する印象的な神社です。ほぼ作中の描写通りで、神社の本殿そのものは少し改変が加えられています。

高木さんは本殿前まで自転車で来ていますが、実際には階段しかないので持って上がるにはかなり辛いです。

本殿正面から向かって左手にある掲示板にはファンの方々の書き込みがありました。

OPに登場する公園は、鹿島明神社の階段左手方向あります。こちらも作中描写と一致しています。

柳隧道付近

6話「肝試し」に登場するトンネル。鹿島明神社から海岸沿いに南西に向かうとあります。

鹿島明神社側から来た場合、トンネルの手前で道幅が急激に狭くなります。

交通量はそれほど多くないですが、トンネルの中や外での撮影には注意してください。あとトンネル手前の上り坂が結構急なので自転車の方は辛いかも。

OPなどに登場する印象的な道。

場所は柳隧道を出てすぐ左手にある下り坂です。奥の家屋などに一致が見られます。

下り坂の向こうに海が見える道って良い。

海上

EDで登場する島の遠景。

土庄町が舞台なので土庄港付近の風景かなと思ったものの、山の形が合わないのでどうやら違うようです。今回利用した土庄→高松の乗船中は該当するような遠景は確認できませんでした。

その他

OPに登場する風車と金色のオリーブについて。

風車はオリーブ公園に、金色のオリーブのモニュメントは瀬戸内国際芸術祭の展示物「太陽の贈り物」という名前で土庄港に設置されています。

後者はフェリーを降りて真っ先に目に入るくらいインパクトが強いです。オリーブの島である小豆島、その玄関口となる土庄港にぴったりです。

土庄町からオリーブ公園へはバスを使うのが楽ですが、自転車でも行けなくはない距離(約9km)です。

時間に余裕があればぜひ行ってみてください。オリーブ公園へのバスの時刻表はこちら→小豆島オリーブ公園

今回ご紹介した場所はほぼすべて土庄町近辺にあるので、レンタルサイクルがあれば比較的短時間で回ることができると思います。高木さんにからかわれに小豆島を訪れてみてはいかがでしょうか?

おしまい。