TAMAISM

旅の記録、宿泊先や行程とか

旅館薫楽荘 忍者の里のノスタルジックな旅館に泊まってきた

【訪問日:2020年7月18日】

薫楽荘

一週間前に、三重県伊勢市にある有形登録文化財「麻吉旅館」に泊まってきた記事を書きました。

実は、この麻吉旅館のようにいつか泊まってみたい系の宿は全国各地に点在しており、あわよくばライドとセットで訪問したいと常々計画しています。しかしライド=天気が良いときに限定されてしまうため、「セットで」ばかりを気にしていると機を逃してズルズルと後回しになってしまいがち。

有形登録文化財の宿泊施設はただでさえ老朽化が進んでおり、そうでなくても諸々の事情で営業を中止せざるをえなくなるところもあったりするので、先送りにしているといつのまにか訪問できなくなっていたということにもなりかねません。なので、訪れたくなったら即訪問するのがやはり一番です。

山とか海とかと異なって、人が運営しているわけですからね。

宿泊施設関連の文化財一覧 - Wikipedia

さて、今回訪問したのは三重県伊賀市にある薫楽荘という旅館です。

f:id:offtama:20200720193635j:plain

伊賀上野城やだんじり会館へと通じる伊賀市の中心街・県道56号のすぐ脇に位置し、どこへ向かうにも都合の良い立地。いわば伊賀のメインストリートのほとりにある建物なわけですが、付近に木造の建物が全くない中で突如として現れるのが印象的でした。

薫楽荘は明治21年(1,888年)に建てられた旅館で、計算すると築132年という歴史ある宿。元々は茶屋として建てられたそうですが、その一方で旅館がある上野桑町周辺はかつて遊郭としても賑わっていた場所。予想するに遊郭街が茶屋町として再開発される中で建築され、その後旅館に転じたのではないかと思います。この辺はもっと女将さんに聞いておくべきだったかも。

f:id:offtama:20200720192811j:plain

この宿の宿泊は、例によって電話予約をしました。

楽天トラベルでも一応登録はされているようですが、この日の予約を確認したところなんと部屋が全て埋まっている様子。ダメ元で確認の意味も込めて電話してみたところ、意外なことにこの日の宿泊者は自分一人とのことでした。楽天の表示は一体なんだったのか。こういうこともあるので、この手の旅館に泊まるときはネットよりも電話であれこれ聞いた方が確実ですね。

あと、一応書くとチェックイン時間(16:00~)前に電話しても繋がらないので予約される際はご注意ください。

外観

中に入る前に旅館の外観を確認していきます。

f:id:offtama:20200720192815j:plain

正面に見えるのが旅館の本館で、写ってないけど左側が女将さんの家。さらに向かって右側には蔵と、さらに女将さんの家(新築)があります。

f:id:offtama:20200720193156j:plain

本館の裏手側には駐車場があり、そこからは旅館の裏側や裏庭へのアクセスが可能。女将さん曰く裏庭の池では魚を飼われていたとのことですが野生動物にやられたようです。結構な町中にも関わらずイタチなども出没するのだとか。

f:id:offtama:20200720193150j:plain

玄関の左手にはコンクリート製の防火水槽が置かれています。これまた女将さんのお話によるものですが、女将さんが子供の頃はここに入って遊んでいたそうです。確かにこじんまりとしているし隠れるにはちょうどいいのかも。

お部屋へ

あれこれ散策したい気持ちを抑えつつ、まずはお部屋に案内していただきました。

f:id:offtama:20200720192805j:plain

f:id:offtama:20200720193126j:plain

f:id:offtama:20200720193122j:plain

f:id:offtama:20200720193522j:plain

この達筆で漢詩が書かれた襖。これですよ…!

ネットでこの部屋の写真を見たときからこの部屋に泊まりたいとずっと思っていただけに、実際に部屋に案内されたときにあまりの素敵さに感嘆してしまいました。

部屋としては先程入ってきた玄関がすぐ下にあり、つまり通りに面している唯一の部屋となっています。

f:id:offtama:20200720193131j:plain

というのも、客室(2階のみ)の数は全部で7部屋あるようですが、現在宿泊可能なのはここ竹の間に松の間、亀の間を加えた計3部屋のみ。他の部屋は物置になっていて中に入れませんでした。

例えば地図上にある「桜の間」は一番大きい客室みたいで、ここが現役当時はどう使用されていたのか、なんて想像するのも面白い。

f:id:offtama:20200720193723j:plain

竹の間は8畳の広さで、一人で使うには十分すぎるほど快適。

エアコンやテレビがあったりと多少は近代的になってはいるものの、床の間や襖、天井など限りなく古いまま残されています。

f:id:offtama:20200720193716j:plain

f:id:offtama:20200720193554j:plain

f:id:offtama:20200720193625j:plain

f:id:offtama:20200720193402j:plain

なお、この部屋の最大の特徴とも言える襖は入って左手側の面にずらっと並んでおり、上に取り付けられた楔で固定されています。

確認してませんがこの向こう側にも通常の襖があるようなので、この漢詩入りの襖は完全に部屋の展示の一部になっているようですね。なんという粋なつくり。

f:id:offtama:20200720193531j:plain

f:id:offtama:20200720193534j:plain

f:id:offtama:20200720193539j:plain

部屋の北側にある障子を開けると人間一人がようやく通れるくらいの縁側があり、その向こう側にガラス戸と欄干があります。

この縁側の幅がやけに狭いな?と思ってましたが、どうやらこれは旅館側に人が料理などを運ぶ際に通る廊下で、さっき私が通ってきた「客の通る廊下」とは区別されているようです。

さっきの地図を見てもらうと分かりやすいと思いますが、竹の間-梅の間の手前側と、竹の間-右の押入れの間の廊下はこのようにめちゃくちゃ狭いので気になってました。そういうことだったのか…。

ちなみに、この廊下を使うと竹の間から直接梅の間にも行けてしまうように感じられますね?ですが実際には、置物が置いてあって通れないようになっていました。ちゃんとできておる。

散策

では早速、館内の散策へ出かけます。

が、この薫楽荘、とにかくこだわっていないところがないくらい随所にこだわりがみられます。

f:id:offtama:20200720193146j:plain

f:id:offtama:20200720192838j:plain

f:id:offtama:20200720192833j:plain

f:id:offtama:20200720192820j:plain

まずは玄関入り口付近。

入ってすぐの両脇にこじんまりとした庭があり、屋内に入る前にワンクッション入ることで気分的に切り替えができます。玄関→いきなり中へ、という順番でない分、空間的に適度な開放感を保ったまま屋外から屋内へ入れるような気がする。

庭の規模的にいうと裏庭が非常に立派なので、もっと植物を堪能したい場合は裏庭へ回ってねというスタイルですね。

f:id:offtama:20200720192824j:plain

ちなみに玄関からは、今回泊まっている竹の間の縁側がちらっと見えます。

f:id:offtama:20200720192829j:plain

この玄関周辺で特徴的なのはこのタイル。左右に並べられているものですが、こういうところで白色柄入りのタイルは珍しい気がする。

f:id:offtama:20200720193142j:plain

このタイル、玄関前と玄関内部で模様が違うんですよ。

同じものをただ並べているのではなく、ちゃんと使い分けられているのがすごい。

f:id:offtama:20200720192847j:plain

f:id:offtama:20200720192843j:plain

玄関です。

入ってすぐ左手に2階へ向かう階段があり、直進方向は裏庭前までぶち抜きの廊下が続きます。ランプ風の明かりや置き時計が静かな時間を演出していてGood。

f:id:offtama:20200720192851j:plain

f:id:offtama:20200720192906j:plain

f:id:offtama:20200720192856j:plain

f:id:offtama:20200720192901j:plain

1階部分には客室はありませんが、その代わり食堂として使っている大広間があります。

この薫楽荘さんは通常ならば朝夕ともに食事付きプランをされている(要電話予約)ものの、現在はコロナの影響で中止中とのこと。従ってしばらくは素泊まりのみです。

f:id:offtama:20200720192915j:plain

f:id:offtama:20200720192911j:plain

続いては階段を登って2階へ。

2階でまず目に入ってくるのはこの談話室。この談話室がまたいい味を出してまして、部屋に入る前にここで一服…ということもできます。四隅の柱を支柱にして東屋のようなつくりになっており、天井も特殊なもの。

今回泊まる竹の間しかり、2階へ上がった瞬間に雰囲気の良さにニヤニヤしてしまう。

f:id:offtama:20200720192557j:plain

f:id:offtama:20200720192552j:plain

f:id:offtama:20200720192546j:plain

f:id:offtama:20200720193558j:plain

f:id:offtama:20200720192541j:plain

f:id:offtama:20200720193615j:plain

f:id:offtama:20200720193620j:plain

竹の間以外の部屋についてはあえて公開しません。これは実際に泊まってみてのお楽しみということで。

部屋によって雰囲気が全く異なっており、床や柱の木の種類もそれぞれ違いました。とにかく設計した人の好みなのか、茶屋としてのつくりを第一に考えたゆえなのか、はたまたその両方なのかは定かではありませんが、旅館としてこれほど個性のあるつくりはなかなかお目にかかれるものではありません。

この日、自分ひとりしか宿泊しないということで散策も自由気ままに行えたのは奇跡だし、一人ということが旅館の静けさを冗長させていて、その雰囲気に十二分に浸ることができました。

f:id:offtama:20200720193439j:plain

f:id:offtama:20200720193430j:plain

そして、夜。

自然光がほとんどを占めていた昼間と異なり、夜の薫楽荘はまた異なった顔を見せてくれます。

f:id:offtama:20200720193435j:plain

f:id:offtama:20200720193443j:plain

f:id:offtama:20200720193448j:plain

f:id:offtama:20200720193458j:plain

f:id:offtama:20200720193503j:plain

ちょうど夜の散策から帰ってきて、そしたらこんな風に灯りがともされていて。

誰に言うともなく帰りましたとつぶやき、いそいそと部屋に戻る。たまんないですね。これ。

f:id:offtama:20200720193416j:plain

f:id:offtama:20200720193411j:plain

お風呂も当然ながら貸し切り。

入浴中は札をひっくり返す形式です。

f:id:offtama:20200720193512j:plain

f:id:offtama:20200720193517j:plain

f:id:offtama:20200720193508j:plain

お風呂に入ったら一気に眠くなって、そのままお茶を飲みつつ就寝。

荘厳な漢詩の襖の前でしたが、これ以上ないくらいスッと眠りにつけました。

f:id:offtama:20200720193527j:plain

翌日。知らない天井だ…。

旅館でのひとときは、個人的に寝るまでがピーク。寝て起きてしまうともう朝ご飯食べて出発するしかないわけで、そうなると途端に名残惜しさがマッハになる。あれだけ濃い時間を過ごしていたのがほんの数時間前だというのに残念で仕方ない。

でもそれがいいんですよね。

時間にすると確かに滞在としては僅かなんだけど、旅館で過ごしている間は身体も心も落ち着けるし、何より温かい気持ちになれる。自分はそれが好きだから旅館に泊まるんです。

f:id:offtama:20200720193602j:plain

f:id:offtama:20200720193606j:plain

f:id:offtama:20200720193730j:plain

最後は女将さんにご挨拶して宿を後にしました。

この後は伊賀を自転車で散策したけど、それはまた別記事で。

それにしても本当に居心地がいいところでした。また伊賀を訪問する際は訪れたいものです。