TAMAISM

旅の記録とか、舞台訪問とか。(旧 OFFTAMA)

【富山】ちょっと冬の立山連峰を眺めてきた (@富山県高岡市)

快晴の富山を散策してきました。

【訪問日:2019年12月16日】

富山へ

今回の遠征先は富山です。

なぜ富山なのかというと、Twitterでこの画像を見たのがきっかけです。

この画像をTLで見た一分後に天気予報を確認し、富山に行く計画を立てました。そりゃね。こんな絶景を見てしまったら「ぜひ生で見てみたい」と思いますよ。

天気がいい。いい景色を見たい。行動する理由はそれで十分。

実は富山は来年暖かくなったら走りに行きたいな、と計画していた場所の一つでした。今回の計画当初は自転車を持っていく気はなかったものの、12月ならまだ雪も降っていないし、自転車で走るのも案外良さそうなのではと思い、せっかくなので持っていくことに。

f:id:offtama:20200510140815j:plain

車載で岐阜から富山まで走り、「道の駅雨晴」までやってきました。

交通手段を問わず、岐阜は長野にも富山にも行きやすいので個人的に助かってます。特にこういう車載のときは、高速道路をただ走っていれば目的地まで行けるというのは大変心強い。行程の選択肢が広がりますね。

さて、今回の目的は先程のTwitterの場所を中心にぶらぶらポタるという、いつもののんびりスタイルです。

回る場所をさらっと書いておくと、

  • 雨晴海岸
  • 新湊内川
  • 海王丸パーク
  • 新湊大橋

の4箇所がメイン。

富山県内を自動車でどんどこ移動し、高岡市雨晴に到着したのは10時頃。早速走っていきましょう。

f:id:offtama:20200510140821j:plain

道の駅雨晴の真ん前が雨晴海岸なので、走ることなくいきなり目的地のひとつに到着できました。

しかし…。

f:id:offtama:20200510140846j:plain

この圧倒的白さである。

どうやら日が出て間もない午前中は、山の周辺は靄や霧が立ち込めているために霞んで見えるとのこと。近くにいたおじさん曰く「12月はまだ湿気が多いのでこんな感じの見え方になる」んだとか。

なので、手っ取り早く景色だけみたいという場合は午後に訪れるといいかもです。

f:id:offtama:20200510140831j:plain

ただし、遠方がいくら白んでいるとはいっても、目の前とか頭上はこんな感じで快晴そのものです。

北陸は年中天気がぱっとしないと聞いていた(あんまり来たことない)ので、これだけ晴れてくれるなんで正直思ってもみませんでした。こういう予想外の出来事が起きることも、突発的な旅行の醍醐味の一つでもあります。

景色一つで気分が上下するタイプの人間なので、もうこの時点で嬉しさが有頂天になってました。

f:id:offtama:20200510140826j:plain

f:id:offtama:20200510140836j:plain

f:id:offtama:20200510140841j:plain

冬は空気が澄んでいるので、空がより美しく見えるというけど…まさかこれほどとは…!

富山の海はどちらかというと翠っぽい要素はなく、ひたすら青い。空の青さを次第に濃くしていったのが海の色になっているかのような、深い青さが特徴なのかもしれません。

f:id:offtama:20200510140850j:plain

はるか向こうにうっすら見えている立山連峰のラスボス感ぱない。

来年の夏も間違いなく登山で上ることになる立山連峰は、このアングルで眺めるとより迫力がありました。まさに「連峰」の名にそぐわない山々の連なり。そんな険峻な高山が、ここ雨晴からは一望することができます。

また、海の向こうに立山連峰が見えるというのは、地形的にここ雨畑・氷見周辺だけみたいです。同じ富山県内でも、富山市以東では山々に近すぎるし、逆に能登半島から遠すぎるような。

ほどよい距離感が生んだ絶景ということか。

f:id:offtama:20200510140856j:plain

f:id:offtama:20200510140901j:plain

f:id:offtama:20200510140934j:plain

f:id:offtama:20200510140938j:plain

のんびりと東へ移動開始。

この周辺は海沿いということもあり、工場や港が密集しています。

時間帯的にすでに漁を終えて帰還している漁船が多く、港で忙しそうに働いている人が多い。工場の車がひっきりなしに走っている光景も、そこかしこで確認できます。

観光地ではないルートを走行すると、こういう街本来の姿を見ることができるので個人的には結構好きだったりします。観光地ももちろん素敵なんだけど、遠方から来る人ばかりだったり、そもそも人が多すぎてゆっくり見て回れなかったりするので。

そういう意味では、観光地の周辺を平日に回るのはおすすめできます。

f:id:offtama:20200510140950j:plain

f:id:offtama:20200510140925j:plain

f:id:offtama:20200510140921j:plain

海沿いから道を一本入り、新湊内川へやってきました。

内川とは富山新港から東西約1.85kmを結ぶ運河のことを指し、川と名前がついていますが実際には海です。川べりには民家が立ち並び、川の両岸に漁船が連なって係留されている風景は「日本のベニス」と称されているとか。

f:id:offtama:20200510140929j:plain

f:id:offtama:20200510140941j:plain

f:id:offtama:20200510140954j:plain

内川には個性的な橋が多くかかっており、そこを渡って対岸に行くだけでもいいし、橋の下をくぐるのもよい。この1.85kmという短距離にかかっている橋の数は、なんと12。ひっそりとした雰囲気のなか、橋巡りをするのも面白いですね。

toyama.visit-town.com

なにより左右の家々のすぐ前に川があり、そこにはいくつもの漁船がずらっと並べられていてとにかく迫力がすごい。

家と漁船がとんでもなく近いんですよね。水辺の景観と生活空間が密接につながっていることがよくわかります。

f:id:offtama:20200510141018j:plain

f:id:offtama:20200510140946j:plain

f:id:offtama:20200510141100j:plain

f:id:offtama:20200510141105j:plain

内川は東西に走っていることもあり、ふと遠くを見てみると川沿いの家々の向こうに立山連峰がしっかりと視認できました。

ここまで景色として完成していると、もうできすぎなんじゃないかって思うくらい位置関係が素晴らしい。

今日は平日で観光客も全くおらず、自分ひとりでこの景色を堪能してました。

f:id:offtama:20200510141109j:plain

f:id:offtama:20200510141000j:plain

f:id:offtama:20200510141005j:plain

f:id:offtama:20200510141010j:plain

f:id:offtama:20200510141015j:plain

先程橋の話をしましたが、この赤い外観の橋が個人的にかなり好きになりました。

このお洒落な見た目の「東橋」はなんと歩行者専用で、スペインの建築家が設計されたそうです。木造の橋なのにどこか新しい雰囲気を感じ、この内川の風景に絶妙にマッチしている。そんな感じがしました。

なお、両端の東屋はベンチが設けられ、ガラス張りのため行き交う漁船などを眺めることができます。

f:id:offtama:20200510140911j:plain

f:id:offtama:20200510140907j:plain

続いてやってきたのは、今回の目的地の中ではもっとも東に位置する海王丸パーク。

ここは商船学校の練習船として建造された帆船「海王丸」を中心に、様々な施設が統合されたベイエリアです。

f:id:offtama:20200510141033j:plain

f:id:offtama:20200510141037j:plain

f:id:offtama:20200510141041j:plain

あれこれ語る前に、まずはこの風景を見てほしい。

これほどまでに空が美しく見えたのは、もしかしたら初めてかもしれない。そう思えるくらいに空が澄んでいる。

冬の空がこんなにも綺麗だったなんて、今日ここに来なかったら多分気づかなかった。富山に来て本当に良かった…。

帰りのこととか仕事のこととか、そんなものはいつのまにか頭の中から消え去って、ただ目の前の景色を堪能することだけに集中してた。こういう贅沢な時間の使い方、たまにはしてもいいんじゃないかな。

f:id:offtama:20200510141050j:plain

f:id:offtama:20200510141056j:plain

f:id:offtama:20200510141113j:plain

帰りは立山連峰とは反対方面へ自転車を走らせることになるけど、ついつい振り返ってしまう。

たぶん200mくらい走るごとに振り返ってたし、何ならUターンしてもう一度立山連峰の方へ走ってた。

この景色は忘れないだろうな。

f:id:offtama:20200510141118j:plain

f:id:offtama:20200510141123j:plain

海王丸パークのすぐ近くにある新湊大橋は実は自動車専用道路なので、自転車で走ろうと思っても走れませんでした。

正確に言うと、途中の柱の間は「あいの風プロムナード」と呼ばれる歩道になっていて、そこの区間だけは"歩いて"渡ることが可能です(自転車に乗車しての通行は不可)。

もっとも、遠くから眺めるだけでも個人的には十分満足。

望遠端(300mm)で取ると、ぐねぐねしている感じが誇張されて写ってまた面白い。

f:id:offtama:20200510141128j:plain

f:id:offtama:20200510141132j:plain

昼を挟んで結構時間が経過したこともあり、立山連峰方面の靄もかなり取れてきたようです。

山頂付近の積雪がはっきり見えてくるようになりましたね。あの辺りをこの時期に登山する人も多いみたいなので、今この瞬間にも人が居たりするんだろうな。

f:id:offtama:20200510141137j:plain

立山連峰を撮るにはとにかく望遠がおすすめ。手前に強調したいものを入れるとなおいいかも。

曲がり角の向こうに見える山嶺。そして雪。こういうアングルが好きな人って多いよね(自分もそう)。道の向こうに何が待っているんだろう?と思わせておいてからの立山連峰。この存在感の大きさは比類するものがない。

こうして眺めると、本当に立山連峰は標高が高いんだなと思います。

f:id:offtama:20200510141141j:plain

f:id:offtama:20200510141145j:plain

f:id:offtama:20200510141150j:plain

最後は雨晴海岸で、海と空に映える立山連峰と女岩を思う存分味わってから帰路につきました。

おわりに

計画的な旅行もいいけど、自分の直感を信じていきあたりばったりで決める旅行も好き。そんな感じで今回もやってみた突発ライドですが、天気に恵まれて最初から最後まで絶景ばかりでした。

富山をじっくり回るのは、実は今回が初めてでした。今回の行程で富山のポテンシャルの高さを知ってしまったので、自転車・旅行問わずまた何度も訪問したいと思います。