TAMAISM

旅の記録とか、舞台訪問とか。(旧 OFFTAMA)

【瀬見温泉 喜至楼】山形県最古の旅館に泊まってきた (@山形県最上町)

【訪問日:2020年11月14日】

瀬見温泉を訪ねて

今回の山形遠征では「とにかく温泉地を回ってポカポカする」のが目的でしたが、ある旅館に泊まったことで肉体的ではなく気分が高揚する的な意味でポカポカできたのが一番の思い出です。今回はその旅館についてご紹介します。

山形県の北東部を流れる小国川。その左岸に開けた一角には静かな佇まいの温泉街が広がっていました。

f:id:offtama:20201118193959j:plain

温泉の名は瀬見温泉といい、伝説によればかの有名な武蔵坊弁慶による発見とされているそうです。源義経の子供、亀若丸の産湯を探していた際に、湯気が出ている小国川沿いの岩を長刀で割って温泉を発見したとのこと。

f:id:offtama:20201118193950j:plain

f:id:offtama:20201118193954j:plain
喜至楼遠景。木造3階建ての構造が特徴的である。

この周辺の主な街道は国道47号線であり、ふと川の向こうに視点を移してみればいくつかの旅館が立ち並んでいるのが確認できます。

そんな中でひときわ目を引く古びた建物、それが今回宿泊した喜至楼でした。

f:id:offtama:20201118193934j:plain

f:id:offtama:20201118193938j:plain

まずは外観から確認していきましょう。

遠景からでもよく分かるほど"巨大"な木造建築の存在感は、正面玄関前に立ってみると押しつぶされそうなほどでした。木造3階建て、いや4階建て…?縦方向に大きいだけでなく横方向にも広すぎて、もうそのスケール感に圧倒されるばかり。

館内にある地図の表記に従えば、左手に見えるのが「本館千人風呂」で、右手に見えるのが「本館」となっています。本館千人風呂は1階部分が温泉になっており、客室は2階と3階部分。そして4階部分は会議室になっている様子。

本館については1階が居間や茶の間がメインで、2階が客室になっています。

f:id:offtama:20201118193944j:plain
国際観光 喜至楼と看板がある部屋が今日泊まる部屋です。

そして、今回宿泊するのがこの本館千人風呂の2階の端の部屋なんだから興奮するのも無理はない。実際に自分が一夜を過ごす宿が旅館の奥まったところではなく、こうして外からでも分かるというのが実にいいですね。

で、早速チェックインするぞ!って話なんですが、目の前にある玄関は実は宿泊者用のものではないんです。ここは日帰り客用の玄関になっていて、宿泊者は裏手にある別館から入る形になります。

f:id:offtama:20201118194104j:plain
本館玄関。「ご宿泊の受付は別館で行っております」の案内がある。

むむむ。焦らしてくるな。

というわけで裏手の別館に向かうことにします。

f:id:offtama:20201118194002j:plain
別館全景。玄関左手に見える円筒形の部分が食堂。

別館(館内地図上の表記は「摩天楼」)にやってきました。

外観を確認したかぎりでは、別館は本館よりは年代が新しそうな感じがします。実際に本館玄関とその周辺建物は、山形県内に現存する最古の旅館建築物と言われていて、特に本館玄関はなんと明治元年に作られたものだそう。また、宿泊棟の別館は一部が大正時代の建築で、通常の(別館の)客室は昭和後半に建築された建物とHPには書いてある。

つまり、ここに泊まるだけで明治、大正、昭和の時代を一度に満喫できる構造になっているわけです。もう贅沢すぎて、まだ中に入ってすらいないのに涙が出てきた。

で、早速中に入ることに。

まずは別館の受付でチェックインを済ませ、お部屋に案内していただきました。

f:id:offtama:20201118194011j:plain
本館千人風呂2階の101号室が今回のお部屋。ちなみに広さは8畳あって、本館千人風呂の中では一番広い部屋となる。

f:id:offtama:20201118194016j:plain

部屋に入った時点ですでにお布団が敷かれており、寝る準備はもう完璧というところじゃないですか。

ちなみに部屋の設備としてはテレビやポット+お茶、浴衣など一通りは揃っていて、特に憂いはありません。

f:id:offtama:20201118194020j:plain

もちろん暖房も完備されています。

お部屋にはエアコンがないので暖房はこのファンヒーターでまかなうことになりますが、個人的にはエアコンよりもファンヒーターのほうが好き。直に熱を出してくれるので暖まりやすいというのが主な理由です(猫かお前は)

f:id:offtama:20201118194317j:plain

f:id:offtama:20201118194322j:plain
荷物をおいて浴衣に着替える

部屋の内装には木彫りの装飾が施されていて、採光にも凝っていることが分かります。特に部屋の入り口の真上には観音開き式の障子が設けられていて、夏なんかだとあそこを開けっ放しにするのかもしれません。さらに床の間にはガラスで透かしをいれた装飾があって非常にお洒落。

ところで、温泉宿に泊まったのだからやはり温泉♨が気になるところですよね。

浴衣に着替えたことだし、早速入りに行くか…と思ったのですが、本旅館の目玉である「ローマ式千人風呂」は現在女性専用となっているとのことでした。千人風呂は時間によって女性専用(~19:00)と男性専用(19:00~22:00)が切り替わるようになっており、それ以降は混浴となります。

千人風呂以外にもお風呂は2箇所あって、そっちはいつでも入れるみたい。なので、最初は館内の散策をしながらその温泉に入りにいくことにしました。千人風呂は夕食(18:30)の後のお楽しみということで。

喜至楼を散策する

まずは一通り、館内を散策してみることにしますか。

自分が今居るのは本館千人風呂なので、ここから始めていきます。

f:id:offtama:20201118194034j:plain
館内地図。これがあると散策がすごく便利になる。

f:id:offtama:20201118194025j:plain
本館千人風呂2階廊下

f:id:offtama:20201118194308j:plain
本館千人風呂3階へ続く階段から2階廊下を眺める。3階より上は使用されていない様子。

f:id:offtama:20201118194312j:plain
本館千人風呂と本館の棟の継ぎ目には美しい装飾は施されていて、一見するだと棟が別だと気づかない。

f:id:offtama:20201118194303j:plain
本館千人風呂の洗面台

f:id:offtama:20201118194029j:plain
本館廊下

館内地図をざっと見渡してみると、外観から推し量る以上に広い建物だということが分かります。

しかし、本館千人風呂に関しては2階部分のみが使用されているようで、3階以降については電気すら灯っていませんでした。さらに本館2階部分には12畳や15畳の部屋もあるようですが、こちらの客室は全体的に使っていないようです。

従って、現時点で泊まれるのは別館と本館千人風呂2階部分のみということになりますね。

f:id:offtama:20201118194040j:plain
本館自炊場

f:id:offtama:20201118194045j:plain

本館はもともと湯治場として使われていたようで、その際に必要になる「自炊」をする場所も設けられています。

湯治をする際には素泊まりがメインで、食事は宿泊者が用意する形になるという認識。まあ湯治は1ヶ月間とか長い期間ずっと滞在するのが基本なので、全てで食事付きにするととんでもない金額になるので自炊が基本かと。

今ではもっぱら1泊2日等の短い期間で利用する人がほとんどらしいですが、それでもガスコンロや電子レンジなどがありました。むしろ夜食を食べる際には重宝するかもしれんな。

f:id:offtama:20201118194059j:plain
本館2階の廊下

f:id:offtama:20201118194054j:plain

本館千人風呂から本館へは廊下で繋がっており、特に意識することなく行き来が可能です。

廊下の左右に客室が並んでいる様子も非常に良い。見たところ1段高いところに障子があるので比較的格式が高い部屋なのかもしれません。

f:id:offtama:20201118194134j:plain

f:id:offtama:20201118194138j:plain
本館玄関

f:id:offtama:20201118194334j:plain

f:id:offtama:20201118194109j:plain

階段を降りて本館の玄関にやってきました。

上述の通りここは日帰り客専用の玄関となっていて、玄関の前の広いスペースには休憩用の椅子が並んでいます。玄関の手前部分には客室と同様に木彫りの装飾があり、照明の幽玄さも相まってどことなく幻想的な雰囲気を醸し出していました。

さて、本館千人風呂1階には文字とおり千人風呂や他の温泉がありますが、そっちは後に回して先に別館内を歩いてみます。

f:id:offtama:20201118194143j:plain
本館と別館は階段で繋がっており、その間には厨房がある。

別館に到着。

喜至楼は山の斜面に建てられているため、川に近い方にある本館と山に近い別館では高低差があります。別館の1階部分が本館の2階部分に相当するので、移動は基本的に階段がメインです。

そういえば、予約するときに「階段が多いのはちょっと…という場合は別館の客室をご用意します」みたいな文面がありましたが、別館の場合は縦方向の移動がそれほどありません。逆に本館に宿泊する場合だと階段ばっかり行き来することになります。まあ慣れてるので問題ありませんが。

で、別館の1階部分は食事する部屋で占められていて、夕食は別館に移動していただく形になります。これはコロナの影響は関係ないと思うけど、1人であっても個室を準備してくれるので落ち着いて食事ができました。

f:id:offtama:20201118194516j:plain
客や仲居さんの歩行によって廊下に跡がついている。歴史の重さを感じる。

f:id:offtama:20201118194520j:plain

別館の木の床はどこもピカピカに磨きあがっており、そこへお客等による歩行の影響が加わったことで、導線上に沿って床が変色しているのが確認できました。

こういうのっていいよね。

ただ単に建物が古い、木造で風情がある、というだけでももちろん興奮するのですが、こういう風に何も言われなくても旅館の歴史を如実に感じられるのはある意味で嬉しい。この廊下の上を今までに数え切れないほど人が通ったんだということが実感できるし、ここを自分が歩くことによって旅館の一部(?)になれると考えると、ただ散策しているだけで面白いというもの。

f:id:offtama:20201118194148j:plain
別館の廊下には旅館の歴史の一部が展示されている。

f:id:offtama:20201118194502j:plain
歌舞伎の「元禄花見踊」。この旅館で上映されたものか?

f:id:offtama:20201118194152j:plain
周辺で出土した石器

f:id:offtama:20201118194156j:plain

f:id:offtama:20201118194201j:plain

f:id:offtama:20201118194206j:plain

で、この別館の廊下が別の意味で凄かった。

冬の生活道具や石器類、山形の伝統こけしなどの展示品がずらりと並んでいて、さながら博物館のような様相をしています。さらには昔の旅館の状況を忍ばせるような写真も展示されており、この一角を眺めているだけで満足できるレベル。

f:id:offtama:20201118194216j:plain
別館1階ロビー。受付や2階へ続く階段、朝食用の部屋への入口がある。

f:id:offtama:20201118194224j:plain
別館受付

f:id:offtama:20201118194221j:plain
別館玄関。自転車は中に入れさせていただきました。

廊下の先には別館のロビーがあって、受付や休憩スペースがあります。

f:id:offtama:20201118194243j:plain

f:id:offtama:20201118194252j:plain

別館2階はすべて客室になっていて、造りとしては本館よりは新しい感じ。

それでも大正~昭和時代に建てられたものなので個人的には十分すぎるほど居心地がいい。客室と同じようにファンヒーターが随所に設置されているのが印象的でした。

f:id:offtama:20201118194247j:plain

ここで、早速なんですが一回目の温泉に入ることに。

温泉は本館千人風呂の1階に「千人風呂」と「あたたまり湯」があり、それに対して別館2階には「オランダ風呂」があります。オランダ風呂は宿泊者専用のお風呂になっていて、構造としてはタイル張りの銭湯のような雰囲気。それも湯船の端が曲線状になっていてなかなか温泉旅館では珍しいような見た目をしています。

名前の由来は、このお風呂ができた当時は高い建物がなく見晴らしが良かったことから来ているようでした(ヨーロッパの温泉は、浴室からすぐに外に出れるような見晴らしの良い立地条件だからとのこと)。

お湯の温度は個人的にちょうどいい感じで、熱すぎず温すぎずの湯加減が非常に心地よい。泉質はナトリウム、カルシウム、塩化物・硫酸塩温泉で、源泉温度は67.3℃ですが、湯船の上部から水が常に供給されているのでそれで温度調節をしています。夕食をいただく前にここでしっかりと温まっておきましょう。

夕食

温泉から出た後は館内の散策を再開し、たまには玄関の椅子に座ってのんびりしたりもしてました。

その後は夕食の時間になったため、別館の部屋に向かいます。似たような部屋が並んでいたので最初はどの部屋に入ればいいのか分からなかったのは秘密。

f:id:offtama:20201118194351j:plain
この夕食を見た瞬間に優勝を確信した

f:id:offtama:20201118194347j:plain
馬刺し

f:id:offtama:20201118194343j:plain
鮎の塩焼きと田楽。鮎の田楽は初めていただいたが味付けが絶妙過ぎる。

f:id:offtama:20201118194400j:plain
蟹のダシが効きまくっている汁物。ご飯と一緒にいただくとたまりません。

f:id:offtama:20201118194356j:plain
これ一枚でご飯1杯消費する勢いだった山形牛のしゃぶしゃぶ

そしてこの献立ですよ。

もう豪華すぎて形容する言葉が見つからない。

山間部に位置する地域ならではの山の幸に加え、山形牛のしゃぶしゃぶが食欲をそそってくる。たまらずビールを注文して、目の前のごちそうを楽しみながら一杯やってました。どのおかずも白米、それに酒の消費を促進させてくるものだからおひつをおかわりし、ひたすらに無心で食事を満喫する私。最高すぎる。

温泉旅館での夕食は、こんな風に自分の世界に浸りながら一人で感動するのが自分には合っているような気がします。特に鄙びた温泉だと、この孤独感ですら愛おしく思えてくる。

やっぱり自分は一人旅が好きだ。

ローマ式千人風呂へ

何から何まで美味しかった夕食のおかげで満腹状態になったところで、気がつけば例のローマ式千人風呂が女性専用から男性専用に切り替わる時間になっていました。

というわけで、今日のところはこのお風呂にどっぷり使ってから眠りにつくことにします。

f:id:offtama:20201118194130j:plain
自分の部屋を出て階段を降りればすぐに千人風呂に入りに行ける

f:id:offtama:20201118194113j:plain
波打った形状が特徴的な洗面台

f:id:offtama:20201118194117j:plain
タイル張りの構造が性癖を撫でてくる

自分が宿泊している101号室の真下に温泉があるため、「あ、温泉行きたいな」と思えばすぐに行くことができるのが素敵。逆に別館に泊まっていると結構な距離を歩いてこないといけないので、これは本館に泊まる利点の一つだと感じました。

曲がり角を曲がるとまず洗面台があり、これの左右に「あたたまり湯」があります。

f:id:offtama:20201118194126j:plain

f:id:offtama:20201118194339j:plain
あたたまり湯の様子

あたたまり湯は非常にこじんまりとしていながらも、空間的に広いので窮屈感は全くありません。

お湯の温度はオランダ風呂よりは熱めで、まったり長く浸かるというよりはさっと温まりたい人向けかも。あとは、宿泊者の方はみんな有名な千人風呂の方に行ってしまうので、こっちの方には案外入っている人が少なくて穴場でした。

f:id:offtama:20201118194412j:plain
千人風呂入り口

f:id:offtama:20201118194408j:plain
千人風呂脱衣所

f:id:offtama:20201118194404j:plain

そしてこちらが、喜至楼の看板風呂でもあるローマ式千人風呂です。

さっきのオランダ風呂とはまた異なる「ローマ式」とは、一体いかなるお風呂なのか。気になる心を抑えて服を脱ぎ、戸を開けて中に入ってみます…。

f:id:offtama:20201118194434j:plain
!?!?!?!

ローマだ。

思いっきりローマ式だ。

いや、ローマ式がどんなものなのかさっぱり分かってないけど、なんとなくローマっぽい感じがする。ローマの風景の中とかに水が湧き出る泉のイメージで存在しているような円形の湯船が自分の目の前にある。しかもそこに満たされているのは、温泉。

この喜至楼に到着してから幾度となく目にしてきた日本旅館の風景の中にあって、ここだけまるで異世界の空間を持ってきたような異質感を感じつつも、全体の雰囲気が剥離していないことに気がつく。いや、どうしてこんなにも調和した構造を造れてしまうのか…?と、この旅館を建築した人に尊敬の念まで浮かんでくるような素晴らしい眺めだ。

身体をささっと洗って湯船に身を沈めてみると、改めてこの千人風呂の広さが理解できた。頭上のはるか上に天井があり、さらに湯船自体も抜群に広い。屋内でありながら屋外にいるかのような開放感があって、温泉そのものによる気持ちよさに加えて精神的にも充足感を感じられました。

ちなみに、構造としては真ん中の柱の下から湯が出てきており、水面より上の部分から水が湧く仕組みになっています。これもローマっぽい感じがするし、温泉というよりは神殿のような壮大さがある。そんなことを感じながら、一人で素敵体験にこの酔いしれてました。

あ、これはちょっとおすすめなんですけど、男性専用に切り替わってすぐの時間帯に入りに来ると誰もいなかったです。夕食の時間が18:15とか18:30開始なので、まだほとんどの宿泊客は夕食をいただいている時間のようですね。狙ったわけではないけど、これのおかげでのんびり入れました。

館内のフォントについて

これは館内を散策する過程で発見したことでして、多分普通の人は素通りするんだろうなと思ってたんですが。

喜至楼の案内板のフォントがとにかくツボにはまるほど"良い"。

f:id:offtama:20201118194230j:plain
旧字体や文字の大小のバランスが良すぎる

f:id:offtama:20201118194240j:plain

f:id:offtama:20201118194258j:plain

f:id:offtama:20201118194211j:plain

f:id:offtama:20201118194426j:plain

f:id:offtama:20201118194430j:plain

どれをとっても同じようなものがなく、それでいて旅館の雰囲気には合っているのが個人的に好き。力強い筆の文字もあれば、繊細な太さの注意書きもある。いずれも手作業によるもので味を感じるし、昔の職人さんによるものなのだろうなとしみじみしてしまう。

さっきも書きましたが、宿の構造的な面に加えて、その建物の歴史を物語るような一面がそこかしこにあるというのが喜至楼の魅力の一つだと思います。例えば宿を近代化する過程でこういうのはなくなってしまいがちだけど、令和の時代まで昔のままで来ている企業努力に感服せざるをえません。

f:id:offtama:20201118194326j:plain
温泉街の夜は明るい

f:id:offtama:20201118194330j:plain

千人風呂に入った後は、浴衣のままで外で出たりして気温の低さを味わったりしてました。

普通なら寒くてずっと屋内にこもりっぱなしのところ、温泉に入った後だと身体が火照っているので外のひんやりとした空気が気持ちよく感じる。しばらくは外を歩き、また温泉に入りに行ったりしたあとに布団に入りました。

今日もいい一日だったな…Zzz…。

翌日

むくり。

掛け布団の上に毛布をかけるという、いつもはやらない寝方だったけど到って快眠できた。やはり旅館での目覚めは普段とは違って目覚めもよく、それでいて物悲しさも漂っている。

f:id:offtama:20201118194512j:plain
おはようございました

f:id:offtama:20201118194508j:plain

f:id:offtama:20201118194438j:plain

f:id:offtama:20201118194444j:plain
瀬見温泉の朝

f:id:offtama:20201118194448j:plain

この日の最低気温は前日比マイナス9℃というとんでもない落差(起きた時点で気温マイナス1℃)で、その影響なのか周辺は濃い霧で覆われてます。

今日は晴れるとの予報ですけど、もう少し気温が上がらないと青空は拝めそうにない様子(結果的には晴れました)。

のろのろと布団から這い出して、まずは千人風呂とあたたまり湯に使って眠気をとりました。朝イチで温泉に入りに行けるのは宿泊者の特権ですね。しかも朝の気温が低ければ低いほど温泉の気持ちよさも増すというもので、冷えた身体が温泉によって温まっていく過程の快感はなかなか味わえるものではない。

f:id:offtama:20201118194453j:plain

f:id:offtama:20201118194457j:plain

朝食は落ち着いた献立で、それでいて鮎が出たのは嬉しかった。

味噌汁や湯豆腐を口に運びながら、昨日から過ごしてきたこの喜至楼について考えてみた。本館千人風呂や本館、そして別館。温泉や夕食のこと。散策のこと。それぞれを思い返す度に楽しい思いでいっぱいになってくるし、チェックアウトはまだなのに早くも再訪したくなる。気が早すぎるけど、旅館の全てが素敵だったのだからこれはもう仕方ない。

f:id:offtama:20201118194525j:plain

f:id:offtama:20201118194531j:plain

f:id:offtama:20201118194535j:plain

f:id:offtama:20201118194539j:plain

最後は名残惜しさを感じつつ、別館と本館の前で記念撮影をして今日の目的地に向けて出発した。

この日は肘折温泉まで走ってまたしても温泉に入ったり色々あったわけだけど、それについてはライド記事の方にまとめます。

おわりに

宿泊する宿を決める基準は人それぞれだと思う。

料理だったり立地だったり、はたまたサービスだったり。自分の場合はまず第一に「鄙びているかどうか」が条件に挙がるわけだけど、この喜至楼は単に鄙びているに留まらないほど素敵な温泉旅館でした。部屋も温泉も良いし、料理ももちろん満足のいくものだった上に「散策しているだけで心が落ち着く」のは、この旅館が明治から続いている理由の一つだと思う。

瀬見温泉喜至楼、おすすめです。