TAMAISM

旅の記録、宿泊先や行程とか

東鳴子温泉 黒湯の高友旅館 雪国の湯治宿に泊まってきた Part 1/2

宮城県を訪ねる

今回は宮城県の温泉宿に泊まった記録です。

宮城県や山形県をはじめとした東北地方は自宅から遠いということもあり、今まで自分が積極的に訪問しようとしてこなかった場所でした。しかし前回の山形ライドでもちらっと触れたとおり、東北地方は総じて温泉の宝庫として有名です。温泉が有名ともなればその魅力に惹きつけられるのは当然で、今後は飛行機等を活用して今までよりかは訪問回数を上げたいところ。

さらに、東北の温泉宿は長期間滞在して温泉療養を行う行為、いわゆる湯治文化が現在でも根付いていることから、建物の造りそのものも通常の温泉宿とは異なるという側面があります。例えば、自炊場の存在などですね。

そういう"湯治場"の雰囲気を味わいたいという思いもあって、今回の訪問に至りました。

f:id:offtama:20210123112554j:plain

宮城県大崎市にある鳴子温泉郷、その一つの東鳴子温泉の一角にある高友旅館

最寄駅であるJR鳴子御殿湯駅で下車し、駅前の道路を左折してガードをくぐって少し進んだ先にあるこの宿が舞台となります。高友旅館は 1924年(大正13年)創立で、実に96年もの歴史を持つ老舗の温泉宿。東鳴子温泉自体が静かな温泉街ですが、この高友旅館も隅から隅まで静寂の中にある素敵な宿でした。

というわけで早速投宿。

f:id:offtama:20210123112600j:plain
駅から向かってくると徐々に高友旅館が見えてきます

f:id:offtama:20210123112549j:plain
色使いが美しい看板

f:id:offtama:20210123111933j:plain
訪問初日は看板の工事をしており、中身が丸見えでした

f:id:offtama:20210123111937j:plain
玄関

f:id:offtama:20210123111943j:plain
玄関前には泉質の説明書きがある

まずは外観から。

ちょうど雪の季節に訪問したため、積雪×木造旅館という自分好みなシチュエーションになっています。後述しますが高友旅館は館内が非常に広い一方で、玄関周辺から見える視覚情報だけではまだその全容が謎に包まれている状態でした。ちなみに玄関前はロータリーになっていて、往時はここを送迎の車が往来していたことが伝わってきます。

今回は電車移動及び徒歩での訪問だったため無関係ですが、車で訪れた場合は道を挟んで反対側にある駐車場に停める形になるようです。

f:id:offtama:20210123112005j:plain

f:id:offtama:20210123111947j:plain
泊まった客室は玄関の上に位置する「桔梗」の部屋

f:id:offtama:20210123111952j:plain
6畳二間だが、一人なので奥側の部屋は使わなかった

f:id:offtama:20210123111956j:plain

フロントで記帳を済ませ、まずはお部屋に案内していただきました。

泊まったのは、先ほど通ってきた玄関部分の上に位置する「桔梗」の部屋。高友旅館は現在では日帰りで訪れる人がほとんどのようで、すぐに使える状態にある客室はそれほど多くない様子でした。

この桔梗は見ての通りこじんまりとした部屋で、建物の古さも相まって「鄙びた感」はなかなかのもの。しかしあくまでも鄙びているだけであって、掃除が行き届いていないとか、汚いというようなことは決してありません。部屋の絶妙な狭さが逆に心地よく、狭いところが好きな自分にとってはまさに安心できる空間でした。

設備としてはエアコンやこたつはありませんが、ファンヒーターがあるので寒さは問題ありません。

f:id:offtama:20210123112001j:plain
部屋からの眺め

まずは浴衣に着替えてから座椅子に座り、思い出したかのようにファンヒーターのスイッチを入れる。

その後はポットのお湯を使ってお茶を淹れ、外気温そのままの部屋の寒さがファンヒーターによって解決されるまでの間にしんみりと飲む。さっきまでの「屋外で散策する時間帯」は終わり、ここから先は温泉宿で過ごす落ち着いた時間だ。

言葉にするのは難しいんだけど、この「旅先の宿で過ごす時間」が本格的に始まるまでの、いわば遷移域の時間の過ごし方が好きだったりする。具体的に言うと荷物を置いて浴衣に着替えるのもそうだし、はたまたお茶をすすったり、部屋に備え付けてある案内や注意事項を眺めたりしているあの時間帯。

時間にするとわずか数分間しかないものの、身体を宿に順応させていく儀式みたいなものでしょうか。これがなんか好きなんですよね。

高友旅館を散策する

で、しばらく部屋でゴロゴロした後は、この高友旅館を隅々まで散策してみることにしました。

せっかく温泉旅館に泊まっているのだから、何も考えずに温泉に入りに行くのが普通なこと。逆に温泉に入る以外に温泉宿で何をするんだと呆れられるレベルなんですけど、旅館の散策は個人的に毎回やってます。

人通りが多いような宿だとなかなか難しいですが、古い宿、それもこの高友旅館のように「ただ散策しているだけで楽しい」系の宿では、温泉に行くよりも先に散策を終わらせるのが自分のモットー。温泉に入ってしまうとだらけきってしまって何もかもやる気が失われてしまうこともあり、あれこれ行動する元気があるうちに見て回ろうというわけです。

ちなみにフロントで伺ったところ、今日はなんと自分ひとりの貸切状態なため、日帰り温泉の時間帯が過ぎてしまえば何も憂うことはありません。この高友旅館で自分一人…むふふ…これは楽しくなってきた。

f:id:offtama:20210123112220j:plain

とりあえず、高友旅館の平面図を確認してみましょう。

高友旅館はかなり複雑な造りになっていて、大きく分けると帳場や食堂がある本館と、昭和52年に建てられたという52年館(湯治棟)から構成されています。温泉についても各地に散らばっているため、散策をするぞ!と別に意図しなくても自動的に館内を歩き回る形になりますね。

ただし、上の写真に載っている別館については現在では使われていないようで、平面図でいう大広間から先へは封鎖されていました。

f:id:offtama:20210123112126j:plain
玄関入ってすぐ正面に2階への階段があり、左側がフロント。左奥へ進めば黒湯へと続いている

f:id:offtama:20210123112118j:plain
下駄箱

f:id:offtama:20210123112114j:plain

f:id:offtama:20210123112109j:plain

f:id:offtama:20210123112130j:plain

f:id:offtama:20210123112105j:plain
2階への階段。階段を上がって直進し、左に折れたところが桔梗の部屋である

まずは、玄関から散策を始めていきます。

玄関の左手前には大きな下駄箱があり、ここに靴を納めてからスリッパに履き替えます。玄関正面には2階への階段、右奥は高友旅館の温泉であるひょうたん風呂(男湯)及びラムネ風呂(女湯)へと続いており、左奥に進めば食堂や黒湯、それに湯治棟へと行くことができます。基本的に玄関部分はすべての建物へと続いているので、滞在中は必然的に一番訪れる回数が多くなるはず。

こういう構造って良いよね。

一番中心にある建物から細部へ道が伸びていく形になっていて合理的だし、散策中も分かりやすいことこの上なかった。

f:id:offtama:20210123112009j:plain

f:id:offtama:20210123112013j:plain
本館2階の部屋

f:id:offtama:20210123112018j:plain

f:id:offtama:20210123112040j:plain

館内は昭和のまま時が止まったような空気が広がっており、寒さも忘れてさらに奥へ奥へと歩を進めてしまうほどでした。

自分以外に誰も居ないとはいえ、しんと静まり返った館内を歩いていると次第に現実感が喪失していく気分。年季の入った設備もそこかしこにあって、落ち着いた時間が過ぎていきます。

f:id:offtama:20210123112044j:plain
本館2階から52年館方面を眺める

f:id:offtama:20210123112048j:plain
本館2階から別館方向を眺める

窓の外の風景は雪国そのもので、現在進行系で降雪はしていないもののかなりの積雪があります。

f:id:offtama:20210123112053j:plain

f:id:offtama:20210123112057j:plain

f:id:offtama:20210123112101j:plain

自分が泊まっている桔梗の部屋に行くまでにもいくつかの客室の前を通ることになり、例えばここに他の人が泊まっていた場合は窓からこんな風景が見えるんだろうな、とか考えながら歩いていました。

客室が集中している一角は広いものの、上で述べたとおりほとんどが物置として機能している様子。こっそり中を覗いたりしてみると、客室の今と昔の温度差を感じられてイケないことをしている気分になったりもしました。

52年館

ここからは本館を離れて、北側にある52年館の方へ向かってみることにします。

f:id:offtama:20210123112242j:plain

f:id:offtama:20210123112322j:plain
特徴的な木造のフロント

f:id:offtama:20210123112406j:plain
この狭さがまた良いんですよ

1階への階段を下りた先、北側に続いている通路の手前側にフロント(帳場)があります。

このフロントの造りがとにかく素敵だった。丸みを帯びた端部から滑らかにつながるように窓口へと接続されていて、その窓口も引き戸式で風情がある。フロントの横がすぐ調理場になっているらしく、時間帯によっては料理を作っていると思わしく音が聞こえてきました。ちなみにフロントの前にはアイスや飲み物を販売している冷蔵庫があり、特に夏場とかは重宝しそうです。

f:id:offtama:20210123112426j:plain

f:id:offtama:20210123112144j:plain

フロントや玄関周辺に貼られているポスターがまたいい味を出していて、紙の劣化具合が貼られてからの年月の長さを物語っている。

JRやバスの時刻表については流石に新しいものが貼られていましたが、観光系のポスターについては十数年前のものだったり。あえて剥がさずにそのまま継続して貼っているという点に好感が持てました。

f:id:offtama:20210123112134j:plain

f:id:offtama:20210123112139j:plain
正面左が大広間、正面奥が別館に続いている。手前にあるのは剥製?

f:id:offtama:20210123112149j:plain
黒湯手前の休憩所。昔は卓球場だったとのこと。自動販売機の奥が黒湯に続いている。正面奥は52年館。

f:id:offtama:20210123112152j:plain
硬貨を入れて動かすタイプの遊具

f:id:offtama:20210123112156j:plain

そのままフロント前の廊下を直進すると、黒湯と52年館への分岐があります。

分岐はかなり広い休憩所になっており、湯から上がった後はここでまったりしていました。館内は暖房がないので何もないときには寒さを感じてしまうものの、風呂上がりだと適度に身体が冷えてくれるのでちょうどいいんですよね。

f:id:offtama:20210123112201j:plain
52年館へ

f:id:offtama:20210123112205j:plain
52年館の1階部分にある「もみじ風呂」の入り口。湯治部なので洗濯機が置かれている

52年館に到着。

52年館は3階建てになっており、1階から3階までほぼ同じ間取りになっているようです。湯治が目的なので設備については必要最小限に抑えられており、部屋によっては自炊用の簡易的な台所も備えられているみたいですね。写真には写ってませんが、共同で使用する炊事場もあります。

社会人になってしまうと、温泉宿を訪れるとしても1泊、長くても連続2泊くらいが限度になってしまうのがつらいところじゃないでしょうか。自分も無事に労働から開放されたら、その暁には湯治目的で半月くらい温泉宿に逗留してみたいものです。何年後になるかはわかりませんが…。

f:id:offtama:20210123112210j:plain

f:id:offtama:20210123112216j:plain
52年館の部屋の一例

f:id:offtama:20210123112224j:plain
階段とか廊下だけ見ると学生時代の寮にそっくり

f:id:offtama:20210123112237j:plain

確かに本館よりは52年館の方がどことなく古いっぽい感じがしましたが、これは単に人の出入りが多いか少ないかだと思います。

本館の方は宿泊以外の日帰り温泉客も毎日訪れているし、建物というのは人が行き交う以上は生き生きとしているもの。52年館は基本的に湯治目的の客しか訪れないみたいなので、その差が現れているのかなと思いました。「人が住まなくなった家は痛みやすい」という言葉もあるくらいだし、建物と人というのは切っても切り離せない存在なんですね。

そんなわけで、これで一通りの散策は終了。

建物自体はどこも古さを感じさせており、個人的にはすごく好みな旅館というのが散策後の第一印象でした。古いといっても整理整頓はきちんとされているので、年季が入っているという良い面だけが全面的に押し出されている。温泉目的で一夜を過ごす宿として、満足のいく時間が過ごせるのは間違いありません。

f:id:offtama:20210123112227j:plain
鳴子こけし

ちなみに、館内の至るところにはこけしが飾られています。

こけしは宮城県の伝統工芸品であり、県内には「鳴子こけし」「遠刈田こけし」「弥治郎こけし」「作並こけし」「肘折こけし」の5系統があるようです。というか、こけし自体が「東北地方の温泉地において湯治客に土産物として売られるようになった人形」なので、まさに鳴子はこけしの聖地のような場所。

こけしがたくさん飾られているのも当然といったところでしょうか。

宮城の伝統的工芸品/宮城伝統こけし - 宮城県公式ウェブサイト

で、肝心の温泉は?って話なんですが。

散策中に身体が冷えてしまったため、言われなくても早速温泉に入りに行くことにしました。

Part 2に続きます。