TAMAISM

旅の記録、宿泊先や行程とか

日奈久温泉 金波楼 熊本県最古の温泉に泊まってきた Part 1/2

日奈久温泉へ

今回は、昨日滞在していた鹿児島県の薩摩川内市から北上し、熊本県の八代市にやってきました。

というのも、昨年の熊本ライドの際に一瞬だけ立ち寄った日奈久温泉にて気になる旅館を発見し、あれからずっと泊まってみたいと思っていたのです。このときは単純にライドの導線上近くに温泉地があったことから、ライドと合わせて温泉に入ることが目的でした。

今回の訪問は当時とは事情が違ってて、つまり「この旅館に泊まりたい」という目的なわけです。

まず日奈久温泉について軽く説明すると、日奈久温泉の開湯はおよそ600年前の南北朝時代と言われており、詳細は省きますが安芸の厳島明神のお告げに従って海の浅瀬を掘ると温泉が湧き出したそうです。また、江戸時代には日奈久の地に薩摩街道は(熊本と薩摩を結ぶ街道)が走り、交通の発達とともに温泉街も栄えてきて、この頃に最盛期を迎えたとのこと。

そして、時が移って現在でも当時の面影を残す町並みや建物が多く残されています。中でも、自分が好きな木造三階建ての旅館が日奈久温泉には比較的多く現存していて、泊まれる/泊まれないは別にしても、散策を続けていると必然的に目に入ってくる。

その中でも一際目立っていた旅館が、今回泊まった金波楼でした。

f:id:offtama:20210412183132j:plain
金波楼の外観

f:id:offtama:20210412183136j:plain
金波楼の遠景。建物の巨大さがよく分かる。

刻 -なつかし-|日奈久温泉 金波楼 -HINAGU ONSEN KINPAROU -

金波楼の歴史については上記の公式HPに全て載っているので割愛するとして、特徴だけ列挙すると次のようになります。

  • 金波楼の名前は、見晴らしの良い三階から、八代海に沈む夕日に映えた金色の波が展望できたことに由来する。今では八代海は埋め立てられており海との距離は遠いものの、かつてはそれほどまでに海が近かったのだろうか。
  • 創業は明治43年。
  • 登録有形文化財。
  • 皇族も泊まったことがある(三笠宮殿下、高松宮殿下)。

公式HPや館内には昔の金波楼の写真が飾ってありますが、驚くべきは当時とほとんど姿が変わっていないということ。

100年以上前の建物が当時のままで営業を続けているというだけでも驚嘆すべきことだし、しかも皇族が泊まったことがあるとなると格式の高さも相当のものであることは想像に難くない。

金波楼に泊まる

宿泊するにあたって一番不安だったのが「一人で泊まれるのか?」ということでしたが、電話で尋ねてみたらあっさりOKでした。

とはいえ、公式HPや宿泊予約サイトでは宿泊者数を一人で検索してもプランが出てこないので、たぶん電話予約のみの対応だと思います。

f:id:offtama:20210412182910j:plain
圧倒的な迫力

f:id:offtama:20210412182905j:plain

外観については見た目通りの木造三階建てで、客室はすべて2階と3階にあります。

室外機は写真のように木の板で隠されており、景観を大事にしていることが伺えました。

f:id:offtama:20210412182919j:plain
玄関

f:id:offtama:20210412182823j:plain

f:id:offtama:20210412182815j:plain

そして玄関…なんですが…。

見ての通り高級感が半端なくて、ちゃんと予約をとっているにも関わらずなんか入りづらく感じてしまう。ジャンル的にはいつも自分が泊まっているような「鄙びた」系であることは間違いないんですが、明らかに異様な雰囲気が漂っているのが分かります。これが歴史の重みなのか。

f:id:offtama:20210412182848j:plain
相当に広い玄関土間。展示として人力車もありました。

f:id:offtama:20210412182856j:plain
入口側から

f:id:offtama:20210412182852j:plain

構造としては、正式な玄関の右隣に広い玄関土間があり、玄関で靴を脱ぐと係の方が靴を下駄箱に入れてくれます。また、受付等についてはすべて客室内で行っており、金波楼に到着した宿泊客は玄関を上がってそのまま係の人(今回は女将さんでした)に連れられて客室に行く、という滞りない案内でした。

逆に、受付部分は必要最小限の簡素的な作りになっていて、旅館やホテルによくあるようなロビーは表側にはありません。なので、すぐに客室へ行ってくつろげるような形になっているんじゃないかと思います。

これは、宿泊客が受付に集中して煩わしい思いをすることがないように、という狙いがあるのかもしれません。

f:id:offtama:20210412182900j:plain
土間のタイル

予約時にロードバイクで訪問することを伝えておいたため、玄関に向かって名前を告げると同時にロードバイクの置き場所を教えていただきました。このあたりも実にスムーズでしたね。

ちなみに、置き場所は玄関土間の内側で、夜になって玄関土間を閉めるタイミングでロードバイクの上から覆いをかけてもらうというサービスの行き届きっぷりでした。

f:id:offtama:20210412182819j:plain
玄関正面が2階への階段になっていて、右奥の廊下は温泉へと繋がっている。

f:id:offtama:20210412182827j:plain
窓から差し込む陽の光と、中庭の植物が眩しい。

f:id:offtama:20210412182837j:plain
昔の金波楼の写真が展示されていた。

f:id:offtama:20210412182832j:plain
登録有形文化財の標識

f:id:offtama:20210412182844j:plain
左方向に廊下を進んでいくと、温泉と食事会場がある。また、写真の展示の裏側が簡易的なロビーになっている。

金波楼は日帰り温泉も営業されているようで、その場合に温泉客が立ち入ることができるのは1階部分のみです。

2階へ続く階段には「2階以上は宿泊客専用」みたいな文言が書いているので、金波楼を隅々まで味わうには当然ながら宿泊する必要があるということ。今回はここに泊まることになるので問題なく2階へ向かいます。

f:id:offtama:20210412182740j:plain
今回泊まった部屋は、3階の11号室。

f:id:offtama:20210412182713j:plain

f:id:offtama:20210412182708j:plain
女将さん手書きの挨拶文。こういうサービスは珍しいので驚いた。

女将さんに連れられて向かったのは、3階に上がってすぐのところにある11号室。裏庭に面した2人用の部屋で、ここを一人で使えるのはもう幸せ過ぎる。

玄関前の通りに面した部屋もありますが、創業当時に眺めることができた海が今でも見えるか?というと微妙だったので、逆に裏庭向きの方で良かったという感じです。あと、玄関前の通りの向こう側が交通量の多い国道3号になっていて、夜中でもそこそこ車が走っていたのでもしかしたら寝づらいかも。

ただ、客室ごとに欄間や障子、床の間などの造りがすべて異なっているようで、どの部屋に泊まっても満足できることは間違いないです。

f:id:offtama:20210412182721j:plain
客室の奥側から入り口側を見る

f:id:offtama:20210412182725j:plain
広縁には椅子のほか、洗面台とトイレがある。

f:id:offtama:20210412182730j:plain

客室についてしばしの間まったりし、広縁を覗いていたときにある事実に気がつく。

窓枠がなんと木製で、よくあるようなアルミのサッシではない。しかもこれは客室だけに限ったことではなく、建物全体で木製を維持していたからもう驚きです。これほど広い建物で、ここまで一貫しているとは正直思っていませんでした。

実用性のある部分は完全に近代化してしまってもいいところを、古いものを遺すために多大な労力をかけて維持している。そのことに尊敬の念を覚えたのは言うまでもありません。

f:id:offtama:20210412182717j:plain

さて、これから旅館で過ごす上でまずは浴衣に着替え、温泉に行くことにしました。

温泉までの道中には中庭を通過することになるため、その辺りも散策していきます。

f:id:offtama:20210412182744j:plain
3階客室前の廊下

f:id:offtama:20210412182757j:plain

f:id:offtama:20210412182735j:plain
廊下から玄関方向を眺める。現在では海は埋め立てられており、旅館から海は見えない。

廊下については隅々まで磨かれており、黒く光っています。

f:id:offtama:20210412182751j:plain
2階から3階への階段の踊り場

f:id:offtama:20210412182748j:plain
踊り場からの眺め

メインとなる一番大きな階段がまた凄くて、手すりの複雑な形状もそうですが、幅がとにかく広い。

確かにこの規模の旅館ともなれば必然的に客室数=宿泊者数は多いわけで、つまり階段を通行する人数も多いということになります。なので階段の幅は広くて当然なんですけど、"全て木造"という視点で見てみると、これが現役で使用されているというのがにわかには信じがたいレベル。木製の階段は足をのせたときの軋み具合が実に心地よくて、何の用もないのに何度も往復してしまいました。

あとは…木製の構造だと、経年に伴ってまた趣きが変わってくるのがいいですよね。新しい新築の木の匂いや見た目もいいけど、こういう感じですごく昔の木も別の意味で温かみを感じる。

というわけで、Part 2につづきます。