TAMAISM

旅の記録、宿泊先や行程とか

栃尾又温泉 自在館 宿泊記 山奥の木造旅館で万病に効くぬる湯を満喫してきた

温泉旅館へ

自分が「旅」と称して全国津々浦々を訪れていく過程では、特に計画性があるというわけではない。出発当日に行き先を決めるなんていうのはザラだし、多少計画的に決めたとしてもその週の半ばがせいぜいといったところ。これにはその時の気分というものが強く影響していて、正直に言うと気分次第で行き先を決めている。

これは人によると思うけど、何ヶ月も前から予定を決めておいたりすると、いざ当日になってなんか気分が乗らないということになる場合もあったりする。訪問時近傍の公私の忙しさや精神状態がそのまま旅先での行動に影響してくるわけで、自分としてはその時に一番やりたいことをしていきたい。もちろんこれは難しいことだと理解してはいるものの、できる限りこのスタイルでいきたいと思ってます。

今回は先週に引き続いてどことなく温泉に入りたいという思いがあり、かねてよりリストアップしていた温泉旅館の中から目的に沿う旅館を探す作業に入った。しかし一般的な旅館というわけではなく、自分の好きな「鄙びた」要素がある宿が目当てになっていうことは言うまでもない。

単に「鄙びた」要素を目的とするならいつもと同じなんですが、今回はそれに加えて長湯がしたいという前提で目的地を決めました。しかも比較的寒い地域で、ぬるめの温泉にじっくりと浸かる時間を過ごしたい。

そうして選んだのが、新潟県の山間部に位置する栃尾又温泉 自在館です。

f:id:offtama:20210405181416j:plain
魚沼市街を東へ進み、県道299号を突き当たったところに栃尾又温泉は位置している

この日は自分が想像していたよりも何百倍も良い天気(雲ひとつない快晴)で、越後湯沢駅を出発した日中時間のライドも実り多いものになりました。

そっちの方の詳細は別記事で述べるとして、今回はこの自在館についてご紹介したいと思います。

f:id:offtama:20210405181505j:plain
自在館本館。1950年代に建てられた。

f:id:offtama:20210405181501j:plain
本館裏側

f:id:offtama:20210405181510j:plain
奥に見えるのが旧館(大正棟)で、本館とは渡り廊下で繋がっている

栃尾又温泉は国道352号を逸れたところにある静かな温泉街で、古くから湯治湯として賑わっている全国有数のラジウム泉です。今では温泉街の中で3軒の宿が営業しており、その中でも道の真正面にあってひときわ存在感があるのがこの自在館でした。

自在館は「日本秘湯を守る会」の宿にも登録されているほどで、つまり旅人に愛され続けている旅館でもあるわけです。

自在館は楽天やじゃらんのように大手旅行サイトへの掲載がなく、予約にあたってはもっぱら公式HPからネット上で行う形になります。これが非常にわかりやすく、各種設備やプランの詳細、部屋の空き具合なども含めて使い勝手がいい。

他にも連泊割引有りやキャンセル待ち予約も可能など、かゆいところに手が届くような要素もきっちり抑えてあるのもGood。突発的な予約をする上で非常に助かったのでおすすめです。

f:id:offtama:20210405181420j:plain

f:id:offtama:20210405181424j:plain
本館玄関

f:id:offtama:20210405181428j:plain

まずは外観から。

先程見たのが自在館の本館で、ほとんどの客室がここに集中しています。造りも非常に近代的で、後述しますが一般的な宿泊客はこちらに泊まる様子。もちろん各階にトイレや洗面台もありますし、貸切湯へのアクセスもしやすいです。

f:id:offtama:20210405181432j:plain
大正時代に建てられた旧館

f:id:offtama:20210405181439j:plain

f:id:offtama:20210405181444j:plain
旧館の奥が、霊泉「おくの湯」と「うえの湯」になっている

f:id:offtama:20210405181448j:plain
旧館奥から本館方面を眺める

f:id:offtama:20210405181452j:plain
雪国らしく、旧館1階部分は雁木造になっている

f:id:offtama:20210405181457j:plain
旧館2階及び3階部分の外観。戸袋が見える。

本館の玄関を通り過ぎてそのまま奥に向かうと、渡り廊下で繋がった旧館と、霊泉「おくの湯」と「うえの湯」があります。ここでいう霊泉は共同浴場のことで、自在館だけでなく栃尾又温泉の宿全体が管理されている温泉でもあります。したがって、全ての宿の客が入りに来れるというわけ。

霊泉には「したの湯」もあって、敷地的には自在館内にあるのですが、外からでもアクセスできるようになっています。

旧館は木造3階建てで、本館とは文字通り時代が違うくらいの歴史を感じる見た目をしているのがわかります。ただし、本館に泊まった人からすれば旧館はあくまで霊泉へ至る道中にある通路みたいな位置づけで、そこまで注目するものでもないのかもしれません。

旧館は後述する理由から万人に勧められるような部屋ではないため、公式HPにもその旨が下記の通りに記載されています。

― ご予約前に必ずお読みください ―
築100年の木造建築なので、隣の部屋の音が聞こえてやすくなっております。
こちらの建物は13歳以上の大人の方で「静かにお過ごしいただける方」のみご予約可能です。特に夜21:00以降は静粛にお休みください。
歴史ある建物をそのまま使っているため、健やかにお過ごしいただけるようご協力お願いいたします。

こちらとしてはもとから大正棟に泊まるのが目的だったのであまり気にしていませんでしたが、この文章でだいたいどんな感じの部屋か理解できたと思います。

ちなみに本館の方はもともと有名な温泉旅館ということもあって、自分が泊まろうかなと考えていた日には一人客用の部屋は全部埋まってました。けどこれはある意味で当然という意見も自分の中ではあって、温泉旅館で一人客を受け付けてくれる宿は想像以上に少ないということ。

そういう意味では、自在館は一人でまったり温泉旅館に泊まりたい、という一人旅ユーザーにとっても優しい&貴重な宿であると言えると思いました。そりゃ一人客は集中して当然かなという感じ。

館内散策

場所が場所なだけに、自在館を訪れる人は車で来るのが一般的、というか普通です。

車は本館前の駐車場に泊める形になるため、本館をアップで撮影したいという場合は宿泊客が集中する夕方より前に訪問するのがおすすめです。駐車する車が多いと撮影するのがちょっと困難になるので。

f:id:offtama:20210405181518j:plain
玄関と受付

f:id:offtama:20210405181522j:plain
玄関入って正面がロビーになっている

f:id:offtama:20210405181514j:plain
玄関の右側奥に向かうと貸し切り湯へ行くことができる

本館1階はこんな感じで玄関や受付、玄関ロビーがあり、あとは本棚等もあるので暇になったらここに来て本を読むこともできます。チェックインについては仲居さんが部屋まで案内してくれるスタイルではなく、館内地図を渡されて自分の部屋まで行ってくださいという感じでした。

こういうの、なんか良い。

古き良き時代の湯治場みたいな雰囲気で、君の部屋はここだから温泉と部屋を適宜行き来して湯治に集中してくださいね、みたいなのが個人的には好感が持てました。

f:id:offtama:20210405181526j:plain

f:id:offtama:20210405181531j:plain
玄関横には作務衣が置いてあり、自分に合うサイズのものを各自が持っていくことになる

旧館に限らず、本館の客室であっても部屋には必要最低限の設備しか置いていないようです。

館内で過ごす際に着用する作務衣については、ロビーで各自が自分に合ったものを持っていく形式になっていました。この他にも飲み物(お茶以外にも色々ある)もロビーでコップに入れて持っていく形になっており、本館の1階部分で集中管理しているようです。

f:id:offtama:20210405181535j:plain

f:id:offtama:20210405181540j:plain

そんな感じで、チェックインとは言っても簡単な館内の説明と、カゴ(各温泉にはカゴがないので各自で服とか入れるカゴを持ち歩くことになる)を受け取ったくらい。というわけで、自在館での滞在が始まりました。

ここで、部屋に向かう前に至急やっておいてほしいことが一つ。それは貸切湯の予約です。

まず最初に自在館の温泉について説明すると、下に示すように合計6箇所の温泉があります。

自在館の温泉 霊泉おくの湯…時間によって男湯/女湯が切り替わる。
霊泉うえの湯…同上。
霊泉したの湯…同上。
【内湯】たぬきの湯…貸切湯。予約していないと使用不可。
【内湯】うさぎの湯…同上。
【露天】うけづの湯…同上。

上の3箇所が共同湯で、下の3箇所が貸切湯です。

貸切湯に入らずとも共同湯だけで十分という方もおられると思いますが、ここで注意しておきたいのが共同湯は時間によって切り替わるということ。この日は男湯が「おくの湯」のみで、「うえの湯」と「したの湯」に入れるのは翌日の朝5時からということでした。

これが何を意味するのかというと、貸切湯に予約しないとチェックインしたその日は「おくの湯」しか入れないということです。

入ることができる共同湯は日によって異なると思うけど、いずれにしても入ることができる温泉が制限されてしまうのは確かなこと。それは流石にもったいないので、チェックインと同時に貸切湯の予約をするのがおすすめです。

貸切湯は24時間入ることができるものの、予約は45分単位で区切られています。いい時間帯が予約できないと自分みたいに朝4時に起きて温泉に入りに行くことになるので、早めにいい時間帯を抑えておくべきかなと。

ちなみに15:50~19:55はチェックイン直後から夕食前後の時間帯ということもあり、特に人気なようでした。予約は何回でも可能なようですが、この時間帯に限っては1部屋1回のみ利用可です。

まだ空いていた20時台と23時台、そして翌日の4時台を予約してから旧館の泊まる部屋へ向かいました。

f:id:offtama:20210405181724j:plain
本館から旧館へ

f:id:offtama:20210405181544j:plain
旧館への渡り廊下

f:id:offtama:20210405181548j:plain
渡り廊下から見た旧館

f:id:offtama:20210405181552j:plain
泊まったのは、旧館3階の六捨九番の客室

f:id:offtama:20210405181608j:plain
廊下と客室は障子で区切られていて、部屋は二間続き。廊下側の部屋には炬燵がありました。

f:id:offtama:20210405181604j:plain

f:id:offtama:20210405181556j:plain

f:id:offtama:20210405181600j:plain
大正時代から館内の設えはほぼ当時のままとのことですが、襖などはかなり新しいです。

f:id:offtama:20210405181612j:plain

館内地図を頼りにたどり着いたのは、旧館の3階に位置する「六捨九番」の部屋。

部屋の造りとしては特に不安を感じるようなところはなく、炬燵やエアコンもあればテレビもあるし、金庫もあります。それに廊下と客室を区切るのは障子のみというシンプルさで、まさに湯治場としての時代を現代にそのまま伝えているのが伝わってくる。

鍵は出入り口の障子に取り付けられているし、客室内に金庫もあるので特に問題なさげです。

懸念事項としては防音と虫くらいですが、防音は隣人次第なので自分で耳栓等を持参するのがおすすめかなと思います。今回は回りが静かな人ばかりだったので助かりました。というか、この状況で大正棟に泊まるのは自分と同類じゃないのかと思わざるを得ない。中には老夫婦もいたけど…。

虫については比較的温かい場所に出没するので、部屋に入ると同時にすでに電源が入っていたエアコンと炬燵をオフにしました。あと電灯も消しました。

ついでに旅においては必ず持参している「おすだけノーマット」をプシュっとし、ひとまず安心。廊下と部屋との区切りが障子な時点で虫の侵入は避けられませんが、できる限りのことはしておいたのでもう何も言うことはありません。

この時期に分かっておいて宿泊しておいてから言うのもなんですが、完全な冬や夏だったら虫の出現頻度は多少下がるかもしれません。特に夏だったら暑すぎて虫も死滅してそうだし。

f:id:offtama:20210405181617j:plain
初見ではなかなか把握できない自在館の構造

まずは作務衣に着替えてから温泉の場所等を確認。

とりあえずは、自分が今いる旧館や本館をささっと散策してみることにします。貸切湯の時間的にも夕食前には「おくの湯」しか入れないし、長湯がメインとはいっても散策もしっかりやっていきます。

f:id:offtama:20210405181621j:plain
旧館は手前、中間、奥側の3箇所に階段がある

f:id:offtama:20210405181625j:plain

f:id:offtama:20210405181630j:plain
ところどころの壁には落書きもあった

f:id:offtama:20210405181634j:plain
余計な照明がないので明暗の差が際立つ

f:id:offtama:20210405181638j:plain
旧館裏手側の通路

前述の通り、自在館は湯治場としての役割が主だったこともあり、ここ旧館の構造はそれを色濃く残したものとなっています。

湯治場というだけあって食事は自炊スタイルが基本。旧館には簡単な炊事場や冷蔵庫などがあり、今ではあまり使用されてはいないようですが湯治の面影を見ることができました。なお、旧館は完全に宿泊及び自炊専用の棟になっているようで、トイレは本館に行かないとありませんでした。

客室は建屋の両端の廊下に挟まれた中央部分に沿って並んでいて、つまり二間続きの部屋のそれぞれが廊下に繋がっています。ですが出入りが可能なのは本館側(川側)のみで、山側の廊下については封鎖されている+目張りされているので出入りは不可。

廊下は歩く度にギシギシ音を建てるし、建物だけに注目すれば「現代の湯治」に惹かれた方が訪れる有名どころにはとても思えません。しかし過去においてはこれが普通だったわけで、つまり自分は過去の湯治客と同じ形式で泊まっている形になっている。

それがなんだか無性に心地よく思えてきて、ほんの二日間の滞在にも関わらず十二分に満足することができた。

f:id:offtama:20210405181643j:plain
渡り廊下から温泉街入り口方面を見る

f:id:offtama:20210405181646j:plain
渡り廊下は本館2階と旧館3階を繋いでいます

f:id:offtama:20210405181729j:plain

f:id:offtama:20210405181733j:plain
旧館中間の階段

f:id:offtama:20210405181741j:plain
旧館奥側の階段。右手奥側だけでなく左手にも客室がある

f:id:offtama:20210405181737j:plain
旧館2階には図書室もあって、ぬる湯に浸かっている最中に読む本の調達も容易に行うことができる

f:id:offtama:20210405181745j:plain
旧館2階から1階への階段。ここを下りて直進すれば霊泉「おくの湯」と「うえの湯」に行ける。

設備的に見れば確かに旧館は実に鄙びていて、悪く言えば不便でもある。

でも、例えば冬場に長期滞在して湯治に励むという意味ではこれ以上の環境はないとも思えてくる。目に入ってくるのは全て木造の建築物で、木のぬくもりはもちろんのこと、取ってつけたような現代的な電灯の配線がなんだかレトロ感を増幅させてくる。客室の設備は自在館の方針通り「極力シンプルなお部屋づくり」だし、チェックイン時にお布団は既に敷かれているのでゴロゴロし放題という素敵っぷり。

温泉に行きたくなれば自由に行けばいいし、布団で昼寝するのも、炬燵でうとうとするのももちろん自由。この時代にあって近代化とは程遠いようなこの環境が、何もかも忘れて温泉に没頭する"場"として完成されている。電子機器を触ることもいつしか忘れて、自分も暇なときはスマホを弄らずに持参した小説を読み漁っていた。

時間を忘れるというのはこの忙しない時代ではなかなか難しいことだけど、ここまでごく自然にそういう気にさせてくれるのは、自在館の雰囲気の良さに他ならない。

f:id:offtama:20210405181651j:plain

f:id:offtama:20210405181701j:plain
本館は1階だけでなく、各階に飲み物がある

f:id:offtama:20210405181715j:plain
客室備え付けの枕が合わない人向けには低反発枕も置いてあって、サービスが行き届いている感がすごい

f:id:offtama:20210405181710j:plain
適度な間接照明が目に優しい

f:id:offtama:20210405181656j:plain

f:id:offtama:20210405181720j:plain

f:id:offtama:20210405181706j:plain
ふと窓から下を見れば、明日入りに行く「したの湯」が見えた。

旧館をひとしきり歩いた後は本館へ。

本館の2階より上は客室がメインなので、そこに泊まる人以外は訪問する機会がないといっても過言ではない。

しかし、旧館に泊まっている以上は渡り廊下で繋がっている本館2階を通る機会が多く、必然的にその雰囲気の違いを実感することが多かった。本館の客室は造りが新しくてドア形式となっていて、旧館との趣きの違いを見て色々考えてみるのも面白い。

思うに、この時代に旧館を当時のままの形で残しておく必要はあまりないんじゃないかなというのが一般論だと感じる。パーソナルスペースを確保したいというのは昔ならまだしも今では一般的な思考なわけで、それでもこの時代にあえて旧館を泊まれる形で残しているという事実に私は敬意を評したい。旧館を残すということは旅館側がそれを必要だと考えていることであるし、自分のようにそれを目当てに訪れる宿泊客もいるわけだ。

多少の不便さは残しつつも、時代を経て歴史をつなぎながらあるべき姿を伝えていく。温泉を楽しみに来ている客と温泉旅館、その双方の立ち位置がうまく合わさったような運営をされているのが素晴らしいと感じました。

ぬる湯

一通り館内を散策し終わったため、ひとまず夕食の時間まで霊泉「おくの湯」に入りに行くことにします。

この日の貸切湯を予約していない場合、男性だとここしか入ることができないので必然的に人が集中しますが、そうでなくても自在館の温泉はぬる湯が特徴的なのはすでに述べたとおり。とにかく長湯をする人ばかりなので、どのタイミングで言っても空いているということはなかったです。

f:id:offtama:20210405182547j:plain
旧館1階に降りてからサンダルで霊泉へ

f:id:offtama:20210405182551j:plain
旧館側を眺める

f:id:offtama:20210405182556j:plain
霊泉の玄関を入って右側が「うえの湯」、左奥が「おくの湯」です

霊泉「うえの湯」「おくの湯」がある棟は旧館から行くことができますが、完全に別に別れているため一旦サンダルに履き替える必要がありました。

本館から行く場合は渡り廊下を経由して旧館2階から行くことができるほか、本館1階で履き替えてそのまま向かうこともできます。積雪量がとんでもない状況だったら前者の方がおすすめですが、これからの季節だとどっちでもいいかも。

f:id:offtama:20210405182604j:plain
うえの湯。今日の時間帯は女湯です。

f:id:offtama:20210405182600j:plain
おくの湯。今日の時間帯は男湯です。

そのまま左奥に進んで「おくの湯」へ。

大浴場「霊泉の湯」-新潟の源泉かけ流し温泉・秘湯の宿|栃尾又温泉自在館【公式】

  • 泉質名:単純放射能泉(低張性アルカリ性温泉)
  • 適応症:高尿酸血症、関節リウマチ、強直性脊椎炎、自律神経不安定症、健康増進
  • 湧出温度:約36℃
  • pH値:8.6(アルカリ性)

前述の通り、大浴場である霊泉は栃尾又温泉3宿の共同浴場でもあり、源泉温度はすべて約36℃と体温に近い温度になっています。これにじっくりと浸かることで身体の緊張がほぐれていき、心も身体もリラックスできるという形。

温泉に入っているとすぐに体温があがってしまって、長湯がなかなかできない自分にとってはまさに最適とも言える環境。これを目当てに今回の宿泊を決めたようなものなので、初っ端の温泉にも関わらずゆったりできました。

順番としてはまずぬる湯になるべく長く浸かり、最後に「上がり湯」と呼ばれる熱い湯でさっと温まって出るのが基本的な流れです。


「おくの湯」は浴槽が3つあり、正面の浴槽が端が傾斜しているので寝転がって入ることが可能。右側の浴槽は広めで、左側の浴槽が上がり湯になっていました。

ぬる湯は無色透明ですが「万病の湯」と呼ばれるほどに効能があり、ラドンが新陳代謝を促して肉体的に若返ることも可能みたい。

肝心の長湯はできたのか?という話ですが、それはもう長湯できました。何しろ体温と同じくらいの温度なので「温泉に入っている」という感覚がまるでなく、柔らかい液体の中に入っているという不思議な感覚。

それでいて自分の体温は上昇していかないため、長湯どころか湯から上がるタイミングを見失ってしまうという状況でした。普通の温泉だったら身体が十分温まったのでそろそろ上がるか…となるところ、ここではそれがない。

そんなぬる湯なのだから、やることは主に以下の2つ。

  1. 寝る。
  2. 読書をする。

特に温泉に浸かりながら寝ている人が多く、ここに限らず他の霊泉でも寝ている人を見なかったことがありませんでした。でもこれは当然と思えるくらいで、あの環境にずっといると身体が自動的に寝る体制になっていく。寝るのにちょうどいい温度、という感じ。

あとは、紙の本を持ち込んで読んでいる人も少数ですがいらっしゃいました(ちなみに、電子機器は持込禁止)。温度が温度なので蒸気で紙がふやけるということもなく、他の温泉だったら難しいような「温泉に入りながら読書」ということが簡単にできてしまう。

実に素敵な空間だ。

f:id:offtama:20210405182612j:plain

f:id:offtama:20210405182617j:plain
旧館へ戻る

そんなこんなで、40分ほど浸かってから部屋へ戻りました。温泉に入ってる最中に汗をかかないってこんなにも快適なんだと思わざるを得ない。

それでいて、部屋に戻った後はなんか身体がずっしりとしたような感覚がありました。

f:id:offtama:20210405182622j:plain

そして部屋に戻ってくると試練が待っていた。

いや知ってた。鄙びた宿に泊まって部屋にガムテープが置いているということは、部屋に虫が出るということ。ましてや今の季節は春で、ここは隙間だらけの旧館だ。出現しないわけがない。

f:id:offtama:20210405182626j:plain

f:id:offtama:20210405182631j:plain

自分は慣れているんでいいですけど、慣れてない人だったらかなり厳しいと思う。

もっとも、今回の滞在中は処置のかいもあって出現したのは一匹だけでした。寝ている間は出なかったので安眠できたし、春になったばかりという時期も案外良かったのかも。

とにかくこれからの季節に山の中の宿に泊まるという場合は、遅かれ早かれ遭遇することになるのは間違いないので覚悟しておくのが良さげです。旧館はそこそこいましたけど、本館の方はもしかしたら少なかったりするのかもしれません。たぶん。

夕食

時間になったので次は夕食へ。

夕食会場である本館1階へ向かう道中の様子を確認したところ、本館に泊まっている人については食事は部屋出しのようです。これに対して、我々旧館に泊まっている人(妙な仲間意識)については本館1階の食堂でいただく形になっているみたい。

ただはっきりとした事は言えなくて、初めて顔を見るような人も食堂に来てました。

f:id:offtama:20210405182637j:plain
食堂に向かう道中で窓から眺めた景色

f:id:offtama:20210405182645j:plain
本館にはエレベータがあるので、各部屋への食事の運搬も楽な様子

食堂では部屋ごとにテーブルが別れていて、コロナ対策は万全でした。

f:id:offtama:20210405182703j:plain
今回の夕食は基本的な「一汁四菜」に、イワナの塩焼きとニジマスの造りを加えた一汁六菜コースにしました

f:id:offtama:20210405182652j:plain

f:id:offtama:20210405182707j:plain
イワナの塩焼き。もちろん焼き立てです

f:id:offtama:20210405182658j:plain
ニジマスの造り

f:id:offtama:20210405182713j:plain
五目ハンバーグ

f:id:offtama:20210405182717j:plain
ネット予約時に追加できる鴨鍋も注文しました

夕食の献立は、もう見た目からして胃に優しいのと美味しいのが確定しているような一汁六菜コース。

少食の人向けには通常の一汁四菜コースもあり、自分のお腹具合に応じてコースを選ぶことができます。さらにはオプションで鴨鍋等も追加できるため、食べたい量や好みに合わせて自由に決めることが可能。

自在館では、"温泉入浴とあわせて健康に還る湯治食を目指し、野菜、肉、魚、それぞれバランスよく、郷土料理に組み込むことを心がけている"そうで、塩分や油分が多かったり、味が濃かったりするものはなくて実に素朴な味です。

温泉によって整えられた身体に違和感なく染み込んでいくようなあっさりとした料理が揃っていて、箸を動かす手が止まらなかった。

f:id:offtama:20210405182722j:plain
お酒も色々あります

お酒の種類については日本酒以外にワイン等もあり、日本酒だと地元の「八海山」や「緑川」があります。お酒については持込可能らしいのですが、今回は地酒を堪能したいということで、八海山と緑川をそれぞれ一合ずつ注文しました。

郷土料理を基にした料理を楽しみつつ、地酒を口に運んでいく。健康的な食事を味わえる喜びに感謝しつつ、思い返してみれば温泉、食事、そして建物と、自在館を構成する要素の一つ一つがとても素晴らしいものに思えてくる。

f:id:offtama:20210405182727j:plain
〆は魚沼産コシヒカリとお吸い物

そして、最後の最後にはこれぞ新潟県!といえる要素が。

自在館で出されているお米は全て魚沼産コシヒカリ。米どころとして有名すぎる土地の白米が美味しくないわけがなく、さっきまでの満腹感が嘘みたいに、まるで無限に米を食べられるんじゃないかってくらいに米が美味い。

自分が旅先で求めているのは、まさにこれ。

その土地ならではのものを味わう。その土地にしかないものを楽しむ。こういう経験を繰り返していくことによって、全国各地に「自分が好きな土地」が増えていく。それは同時に自分の中の世界を広げていくことに繋がるし、自分はそういう経験を今後もやっていきたい。

貸切湯へ

夕食を終えた時点で、時間は19時くらい。

普通の宿だったらもう床につくところですが、貸切湯を予約しているのでまだまだ寝るのは早い。

f:id:offtama:20210405182732j:plain
1階ロビーの本棚で無限に本読んでました

f:id:offtama:20210405182736j:plain
過去の自在館の写真もあります

部屋に戻っても特にやることがないので、適当に散策を続けたり、本棚から本を拝借して読んだりしてました。

すでに夕食の時間は終わっているし、他の宿泊客は貸切湯に入る以外は部屋で過ごしているようなので人通りもまばら。窓の外からは川の流れの音しか聞こえてこず、自分がいま旅館に泊まっているということを忘れるくらいには静かだ。

それにしても、なにもない時間帯に本を読むのはかなりおすすめです。

結構あっという間に時間が過ぎていく上に、そのまま他の本も続けて読んでしまったりするのでいい意味で退屈しないで済む。山間部の宿に泊まっているという環境ではなおさら。

f:id:offtama:20210405182741j:plain

f:id:offtama:20210405182746j:plain
最初に入った貸切湯「たぬきの湯」

f:id:offtama:20210405182750j:plain
今更ですが、館内の至るところにあるたぬきとうさぎのイラストが可愛いです

予約した時間になったので、まず最初の貸切湯である「たぬきの湯」に入浴。

貸切湯はどれも加温されており、霊泉よりは当然温度は熱め。ただし熱すぎるということはなく、自分にとっては体感でちょうどいいくらいでした。

貸切湯の名前の割にはかなり広く、グループであっても問題なく入れそうです。

f:id:offtama:20210405182755j:plain

f:id:offtama:20210405182758j:plain
夜の旧館は暗い

f:id:offtama:20210405182803j:plain
外へ出て歩いてみる

f:id:offtama:20210405182808j:plain
自在館の夜

「たぬきの湯」から上がった後はそのまま外へ出て、しばらく歩いてみた。

新潟はまだまだ残雪が残っており、写真を見る限るだと夜や朝はまだまだ冷え込むと思われがちだけど、全然そんなことはなかったです。加温された貸切湯を上がったばかりということを考慮しても明らかに暖かい。薄い作務衣一枚でいてもそこまで寒さを感じませんでした。

この時期の新潟はもう普通に軽装で行動できるレベルということがわかったので、今後の旅支度に活かしていきたい。

f:id:offtama:20210405182812j:plain

f:id:offtama:20210405182815j:plain
深夜0時前に入りに行った「うさぎの湯」

f:id:offtama:20210405182820j:plain

昼寝を挟み、2つ目の貸切湯である「うさぎの湯」へ。

その後は翌朝に入る貸切湯に備え、部屋に戻って本格的に就寝。かなり遅い時間に部屋に出入りしているので申し訳ないと思いつつも、これが旧館の形式なのである意味仕方ない。

翌朝の朝風呂

翌朝は4時に目を覚まし、眠たい目をこすりつつも貸切湯へ向かいます。

f:id:offtama:20210405182824j:plain

f:id:offtama:20210405182830j:plain
最後の貸切湯「うけづの湯」

うけづの湯は自在館の温泉の中で唯一の露天風呂で、屋根もついているので多少の雨なら問題なさげです。

川を挟んで向こう側に見える山の上には月が見えて、日中に入るのとはまた違った趣きがあるのが良い。朝一で冷たい身体を起こすという意味でも、今日一発目に貸切湯に入って正解でした。

f:id:offtama:20210405182839j:plain

f:id:offtama:20210405182834j:plain

f:id:offtama:20210405182908j:plain

その後はそのままの勢いで、男湯に切り替わったばかりの「うえの湯」に入りに行きました。

うえの湯は浴槽がかなり広く、多少大勢が入ったところで自分の「まったりパーソナルスペース」は普通に確保できます。ここでじっと漂いながらぬる湯に浸かっていると途端に眠くなってしまい、そのまま1時間ほど目をつむってました。

まあ朝早かったし眠たいのは眠たいわけで、それを温泉の中で寝ることができるというのはありがたい。

f:id:offtama:20210405182843j:plain
「したの湯」へは本館1階から長い階段を下っていったところにある

f:id:offtama:20210405182900j:plain
階段はそこそこ長いので、温泉から出て部屋に帰るときが少々つらいかも?

f:id:offtama:20210405182856j:plain

f:id:offtama:20210405182848j:plain

f:id:offtama:20210405182852j:plain

そして、休憩もそこそこに最後の霊泉である「したの湯」へ向かいました。

なぜかと言うと、このまま部屋に戻って横になると朝食の時間まで寝落ちすることが確定しているので、まだ身体が起きている状態で温泉をはしごしておくのがいいと判断。

自在館は川のほとりの崖の上に建っているのですが、「したの湯」はその川の流れのほとりにあります。したがって結構な階段を下っていく必要があり、行きはいいものの帰りが大変かもしれません。特に、温泉に入って脱力している中で部屋まで戻るのは疲れるかも。

立地が立地なだけに温泉に入るシチュエーションとしては申し分なく、朝日に照らされつつある谷間で川の音を聞きながら湯に浸かることができるというのはもう最高でした。広さもこじんまりとしていて居心地がよく、早朝なのでまだ人は数人だけなので雰囲気を壊すということもない。

ぬる湯なので寝る人が多いということはすでに書いた通りですが、自分以外に人がいる状態で寝るのはなかなか難しいもの。ですが向こうもそれを分かっているので、持ちつ持たれつで静寂を保ちつつ浸かる暗黙のルールみたいなものが感じられました。

朝食

したの湯から上がった後は、7時40分からの朝食をいただきに食堂へ。

流石に他の大部分の宿泊客もこの日の行動を開始したようで、朝食時間の少し前くらいからは玄関ロビーの人通りが多くなってました。

f:id:offtama:20210405182904j:plain

f:id:offtama:20210405182914j:plain

f:id:offtama:20210405182918j:plain
相変わらず米が美味すぎる件

朝食にはホッケをはじめ、納豆や卵、海苔など旅館ならではの料理が並ぶ。

どれもが強力なおかずとして作用する一方で、メインとなる米がもう戦力として十二分すぎるのだからおかわりしてしまうのも無理はない。朝起きてからの温泉のはしごによって失った栄養分をここでしっかり補給する。

こうしてみると、お腹が空くような行動をわざわざ自分でしておいてからそれを補うようにがっつりと朝食を頂いていて、なんかマッチポンプ感がある。

f:id:offtama:20210405182922j:plain

f:id:offtama:20210405182926j:plain

f:id:offtama:20210405182930j:plain

f:id:offtama:20210405182934j:plain

その後はちょっと不足した睡眠を自室でとり、眠気を覚ましてから自在館を後にしました。

自在館のチェックアウトは11時までと比較的長く、朝食を頂いた後でも温泉を長く味わうことができます。このあたりも湯治スタイルを重視した配慮が見て取れて、とにかく温泉に入りまくってほしい、という旅館側の意図が感じられて良い。

もちろん、自室で二度寝、三度寝を心ゆくまで堪能するのもアリ。思い思いの時間を過ごせるだけの自由さがここにはある。

おわりに

そんなこんなで、自在館での二日間はあっという間に終了。

温泉に効能を求める場合、長い期間滞在する湯治が必要になってきます。その一方で、忙しい現代人は短い期間しか休めない…というケースがほとんどなのもまた事実。

そういう制限されたシチュエーションの中で、自在館は現代の湯治を味わえるだけの環境があります。しかもただ味わえるだけではなくて、高度に満足感を得られるという意味でも大好きになりました。

温泉や食事、そして建物。ぬる湯で長湯をしたいという欲求を満たしたいのなら、ぜひ自在館に宿泊してみるのをおすすめします。

おしまい。

女性に人気のプチ湯治・秘湯の人気旅館|栃尾又温泉 自在館【公式】